Amazon流マネジメント術

Amazon流マネジメント術

仕事の効率や自分のパフォーマンスを引き上げ、チームの成果に貢献したい。ビジネスパーソンなら、誰でも目指す道ですが、実践するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。Amazonの日本法人で広報部門を立ち上げ、アメリカの本社と連携しながらブランド育成や従業員教育を手がけてきた小西みさをさん(AStory合同会社代表、aLLHANz合同会社共同代表)が、アマゾン流のマネジメント術を紹介します。

1