毎日4000万人が利用する生活インフラの未来 「コンビニ限界説」に挑む

毎日4000万人が利用する生活インフラの未来 「コンビニ限界説」に挑む

私たちの暮らしに欠かせないコンビニ。優れた商品や便利なサービスを次々に提供する一方、各チェーンは人件費の高騰、食品廃棄、24時間営業の維持など新たな問題も抱えています。「月刊コンビニ」元編集長の梅澤聡さんが、コンビニが描く新しい未来を、50年の歴史を踏まえて解説します。

1