「野球一筋」から不動産会社の社長に。26歳で脱藩すべき!?【ハッシュタグZ】 #1月15日放送回

「野球一筋」から不動産会社の社長に。26歳で脱藩すべき!?【ハッシュタグZ】 #1月15日放送回

オフタイム

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ!」とbizbleがコラボ! 話題のあの人にZ世代が話を聞く「出演依頼のコーナー」の放送内容を、番組に寄せられたコメントとともにお伝えします。

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ」は毎週土曜22時~23時に放送中の、Z世代が自分たちの目線で物事を深掘りし、それぞれのテーマについて討論する番組です。

1月15日放送回の「出演依頼のコーナー」には、シェパード株式会社代表取締役の犬塚康太朗(いぬづか・こうたろう)さんが出演。

出演者の阿久津愼太郎さん(26)、田中雅功さん(19)、めがねさん(22)の3人と、独立リーグでのプロ野球経験や不動産の世界に飛び込んだ経緯について語り合いました。

出演者

※以下、いずれも敬称略

阿久津愼太郎(あくつ・しんたろう)

1995年生まれ。K-POP、ジャニーズ、地下アイドルなど、あらゆる男性アイドルを推すヲタクYouTuber。国内外の現場に通うフットワークの軽さや冷静な分析力は、ほかのヲタクからも支持されている。イベントMCとしても活動中。

田中雅功(たなか・がく)

2002年生まれ。東京都出身。フォークデュオ「さくらしめじ」としてアーティスト活動の他、小説家としても活動中。

めがね

1999年生まれ。大阪府出身のYouTuber・女優・タレント。YouTubeチャンネルの登録者数は34万人を超える。YouTubeだけではなく、映画やドラマなどにも出演し、活動の幅を広げている。

「プロになる」の夢をかなえに独立リーグへ

阿久津愼太郎(以下あくにゃん)
もともと野球の独立リーグの選手だったそうですね。

(右奥から時計回りに)阿久津愼太郎さん、めがねさん、田中雅功さん、画面に映っているのが犬塚康太朗さん。左奥は番組ディレクター
(右奥から時計回りに)阿久津愼太郎さん、めがねさん、田中雅功さん、画面に映っているのが犬塚康太朗さん。左奥は番組ディレクター

犬塚康太朗(以下犬塚)
はい。大学までずっと野球をやっていました。東京の立教大学というところです。

あくにゃん
あ、先輩だ。

犬塚
あ、ほんとですか。東京六大学野球は学校の入れ替えがないんです。6大学で5番目に強いって言い方をよくしていました。

僕はレギュラーではなく、就職活動もあまりうまくいきませんでした。野球を続けるチャンスがあるならと思って、最終的に群馬の球団に入りました。当時創設2年目の若い球団で、BCリーグのトライアウトを受けたんです。運良く合格したので、無理に就職しないで野球を続けてみようと。

あくにゃん
「野球一本でいきたい」というより、「就活がうまくいかなかったから」という感じなんですか。

犬塚
そうですね。

あくにゃん
へー、そういうパターンもあるのか。

犬塚
六大学野球からは、実業団に行く人が多いんです。でも独立リーグって、一応プロ野球選手の扱いになるんですよ。野球を始める子どもって、だいたいプロ野球選手になることが目標で、僕もその一人でした。子どもの時からの夢をいったん叶(かな)えることって大事かなと思って、野球を続けました。

あくにゃん
絶対そうですよね。やらない後悔よりやる後悔、って言うし。

めがね
実際どれくらい活動なさったんですか。

犬塚
1年です。

あくにゃん
結構短かったんですね。すぐ辞めちゃったんですか。

犬塚
戦力外だったんです。

あくにゃん
シビアな世界なんですね。

犬塚
そうなんですよね。他に行ってやるか迷ったんですけど、ここから頑張って上に行く可能性ってあまりないかと思って。一応プロ野球選手になったから、野球に見切りをつけてもいいと考えました。

田中雅功(以下がっくん)
学生時代は野球一筋って感じだったんですよね。

犬塚
はい。大学は全寮制で(活動日が)週6ですね。どこも。

あくにゃん
へえ。いろんな人生があるんですね。現役引退後はどうされたんですか。

犬塚
生まれも育ちも東京なので、東京に帰って就職活動をしました。今は不動産業ですが、全然関係ない業界で3年間働きました。

めがね
へー。ちなみにどういったお仕事を。

犬塚
商社系の保険の営業ですね。損害保険とか。

あくにゃん
形としては中途採用になるんですか。

犬塚
そうですね。大学を出てるので。第二新卒という言い方ですね。

「人生の3分の1が終わった。時間がない」と渡米

めがね
そこで3年間お勤めになった後はどうされたんですか。

犬塚
それまで野球しかやってこなかったので、3年勤める間に「勉強してない」とか「世間知らず」とか周りから言われてですね。当時の上司から「本を読め」と言われて、1年に本を100冊読んだことがあったんです。3分の1くらいが歴史の本でした。

その中に坂本龍馬が26歳の時に脱藩したという話があって。「26歳というと来年だな」と思って。当時の日本人男性の平均寿命が79歳で、その3分の1は26歳。そう考えると「もう人生3分の1終わったんだ」と。「時間がない」「もっと世界を見にいこう」と思って、アメリカに行きました。

がっくん
もともと語学に自信があったんですか。

めがね
興味とか。

犬塚
全くないですね。

がっくん
それでもいけるって思ったんですか。

犬塚
日本で暮らしていると、日本語があまりうまくない外国人ってたくさんいると思ったんです。すると我々は少なくとも中高大で10年間、英語を勉強してるので、彼らの日本語よりも我々の英語の方がマシだろうと思って。それなら生きていけるんじゃないかと思って行きました。

一同
へぇー。

めがね
すごい考え方ですね。もともとアメリカに興味があった、とかかと思ったら。

犬塚
地方の人には上京する場所があるじゃないですか。でも僕は東京生まれ東京育ちなので、それがないんですね。世界の都市ランキングみたいなのを見ると、東京より上はニューヨークとロンドンとパリぐらいなんです。それでニューヨークを選んで上京感覚で行ったんです。

めがね
上京感覚で行くのはすごいですよ。

あくにゃん
本を100冊読んだというのもすごい気になっていて。ビジネス書だけでなく、小説とかもですか。

犬塚
はい、幅広く。ビジネス書は多めですけど。

がっくん
その後に生きましたか。

犬塚
生きましたね。

あくにゃん
坂本龍馬26歳というと、今の僕の歳ですね。

がっくん
あら! 行くしかないじゃないですか!

あくにゃん
え、このラジオ番組を脱藩するということですか。そしてニューヨークに。でも僕は脱藩してもニューヨークから毎週放送を続けます。

めがね
だめじゃん!! エセ脱藩じゃん!

あくにゃん
この時間帯、向こうは朝なのかな? ひろゆきさん的な感じで。

めがね
グッモーニンって。

「犬塚」だから社名を「シェパード」に。安直?

あくにゃん
そして日本に戻られて、シェパード株式会社を始められたということですね。

犬塚
そうですね。

がっくん
もともとは保険関係のお仕事をされていたのに、どういう経緯で不動産の仕事に取り組むことになったんですか。

犬塚
ニューヨークにいた時の友達が、不動産屋に勤めていて、その会社の東京オフィスを紹介されたんです。そこにお手伝い感覚で入ったのがきっかけです。ところが職場の人たちはみんな65歳超で、若い人がいなくてですね。「うちに入るのはいいけど、ゆくゆくは君一人になるから、ちゃんと宅建(宅地建物取引士の資格)とって、会社を作る用意をしておきなさい」と言われて。そのままレールに乗った感じですね。

あくにゃん
アドバイスがあったんですね。

犬塚
そうです。いろいろ教わったので感謝してます。

がっくん
もともと不動産に興味があったわけではないんですか。

犬塚
働きながら、自分が都会が好きだってことに気づきました。結果として好きなものを仕事にできていると思います。

がっくん
怒濤(どとう)の人生を歩まれてますね。

めがね
ね。流れるような、というか。

あくにゃん
そこから起業までこぎつけたのが……。

めがね
すごいですよ。

あくにゃん
「シェパード株式会社」という社名の由来は何ですか。

めがね
ワンちゃんですよね、シェパードって。

犬塚
名字が犬塚なので、一番賢い犬種の名前をつけました。

あくにゃん
確かに警察犬とかに多いよね。

がっくん
あー確かに。

がっくん
でも聞いたところによると、会社のマスコットキャラクターはウサギだそうですね。

めがね
え!!

犬塚
実はマスコットキャラクターではなくてですね。不動産業者は都道府県知事から免許をもらって、不動産協会に入らなきゃいけないんです。大きい協会が2つあって、ウサギの協会とハトの協会という言い方をします。うちはたまたまウサギの協会に入ったので。

あくにゃん
さっき「犬塚だからシェパードにしました」という話の時に、めがねちゃんが「なんか安直?」って言ってた(笑)

めがね
めちゃくちゃ面白い人生を歩んでるから、すごいひねるのかなと思ったら、そこは犬なんだって思って。

あくにゃん
こっちからしたら「めがねが何言うとんねん!」って思ったけどね(笑)

一同
(笑)

めがね
そうなんですよ。私、めがねかけていて「めがねちゃん」という名前なんです。もっと安直な。

戸建てかマンションか、プロが勧めるのは……

あくにゃん
今の会社ではどんなことをされているんですか?

犬塚
主に不動産の売買をしています。20代だと不動産を売ったり買ったりという経験はあまりないと思うんですけど。

がっくん
「桃鉄」でしかないです。

犬塚
そうですよね。街の不動産屋さんが得意としないような不動産の売買をメインにやってますね。例えば、サッカー場クラスの広い土地をどうすればいいか、街の不動産屋さんって分からないことが多いと思うんですよ。それを、マンションを建てる会社に持っていったり、駅から遠いなら物流倉庫を建てる会社に持っていったりします。

あくにゃん
確かに土地が広すぎても、一般の人には使いきれないもんね。

がっくん
売り方も分からないですよね。

あくにゃん
みんな、ゆくゆくはやっぱ家建てるの?

めがね
迷ってます。ぶっちゃけ論なんですけど、犬塚さん。家を建てるか、マンションを買うか、どっちがいいと思いますか。これずっと気になってる。

犬塚
人によって違うんですけども。個人的にはマンションに住んでいて。細かいことかもしれませんが、24時間ゴミを捨てられるのはすごく楽だと思っています。

あくにゃん
プロは最終的にそこに行き着くんだね。

めがね
「こっちの方が投資の観点からいいよ」とか言うかと思ったら、「ゴミ捨てられるよ!」。

一同
(笑)

あくにゃん
24時間ゴミを捨てられるからマンションの方がいいという。

めがね
意外でしたね。

犬塚
マンションの方が熱効率がいいですよね。冷暖房が効きやすいとか。

あくにゃん
そういう視点もあるのか。

がっくん
マンションか一軒家は、個人のライフスタイルに合わせてってことですよね。

あくにゃん
お時間が来てしまいました。最後にお知らせはありますか。

犬塚
家を新しく建てたい人向けのサービスを新たに始めます。20代でも住宅展示場って見たり聞いたりしたことがあると思います。でもどのハウスメーカーがいいか、分からない人って多いと思うんですよ。社名が有名だからってモデルハウスに入ってしまうと、平気で1~2時間取られちゃいます。50~60軒あるような大きな展示場に行っても、2、3軒しか回れなかったりして、もったいないです。なので、予算や希望を事前に聞いて、最適なハウスメーカーを無料で紹介するサービスを立ち上げる予定です。

bizble編集部より

bizbleでは不定期で「ハッシュタグZ」の出演依頼のコーナーを記事化します。番組はLINE LIVEでも生配信しています。

オフタイム

リーダーの若手時代

FIRE論