米経済改善もリスク伴う=フィラデルフィア連銀総裁

ビジネス

[14日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は14日、米経済は改善し、1年前より良好な状態にあるがが、一部の企業が雇用に苦戦しており、依然としてリスクや課題を抱えていると述べた。

グレーター・フィラデルフィア商工会議所主催のオンラインイベントでの準備原稿で「米経済は改善している。それは確かだが、依然としてリスクと制約を伴っている」と指摘。多くの企業が昨年、増収となり、その成長が続くと予想しているが、一部の企業はコスト増に直面しているほか、採用や雇用維持に苦戦しており、「今後、雇用主はいかに人材を確保するかについて創造的に考えなければならなくなる」と述べた。

金融政策に関する言及はなかった。

REUTERS

ビジネス

FIRE論

これだけは知っておこう世界のニュース

資産形成1年生