豆腐は地球を救う? ヒット商品「TOFU BAR」に込められた豆腐愛

豆腐は地球を救う? ヒット商品「TOFU BAR」に込められた豆腐愛

ビジネス

片手で手軽に食べられて、低糖質で高たんぱくの「TOFU BAR(豆腐バー)」。2020年11月に販売を始め、約1年で890万本以上を売り上げるほどのヒット商品になりました。

食品メーカー・株式会社アサヒコで、「TOFU BAR」などの商品開発を担った「プラントフォワードプロジェクト」を立ち上げたという事業部長の池田未央さんに、開発に関するエピソードや豆腐への熱い思いを聞きました。

アメリカで受けた「TOFU」の衝撃

――「TOFU BAR」の開発には、アメリカでの市場視察が深く関わっていると聞きました。どのような経緯があったのでしょうか。

株式会社アサヒコのプラントフォワード事業部長・池田未央さん
株式会社アサヒコのプラントフォワード事業部長・池田未央さん

アメリカでは1990年代から豆腐の市場が徐々に拡大。2018年当時は植物(プラント)由来の原料から作られた食品である「プラントベースフード」の先進国としてビヨンドミートやインポッシブルミートなどの代替肉が市場で注目を集めていたという背景があり、視察をさせてもらうことになりました。

ただ、当時は私自身が入社から間もなく、さらに視察する現地に知っている人が1人もいない場所ということで、心細かったんです。

 

そんなときに訪れたカリフォルニア州・ロサンゼルスのスーパーで「TOFU」という文字を見かけ「知っている人がいる!」とまるで友人を見つけたような嬉しさを覚えました。そして豆腐が日本とはまったく違った形で活躍していることを知りました。アメリカ人は豆腐への先入観がない分、良質な植物性たんぱく質を含んだ食材として活用しているんです。

アメリカのスーパーマーケットの豆腐コーナー=池田さん提供
アメリカのスーパーマーケットの豆腐コーナー=池田さん提供

衣をつけて揚げたり、スパイスとメイプルシロップで甘辛く味付けして、カリっと焼いたり、柔らかいタイプはフルーツとミキサーにかけてスムージーにして飲んだり……。

その多彩さに「なんで日本人はこういう風に食べないの? もっと自由に豆腐を使ってもいいのに」と疑問を抱くようになりました。

アメリカ視察時に見つけたメイプル味の豆腐(上段中央)=池田さん提供
アメリカ視察時に見つけたメイプル味の豆腐(上段中央)=池田さん提供

柔らかいイメージが強い豆腐ですが、アメリカでは水分が少なく、落としても跳ね返ってくるほどの硬さのものが主流です。

そのためTOFU BARでも硬さを重視し、お肉のような弾力ある食べ応えを再現しました。コロナ禍と重なって、まだ1度しかできていないアメリカ視察ですが、TOFU BARの開発にとって重要なものとなりました。
 

 

――「スティック状」という形はどの段階で生まれた発想なのでしょうか。

はじめは、サラダにトッピングするダイスカットされた硬い「TOFU」をイメージし、手軽に植物性たんぱく質をとってもらうことを思いつきました。

ですが、市場に流通させるとなると、消費期限の関係上、殺菌工程で豆腐を熱加工する必要があります。

 

そうすると、せっかくカットしたのに豆腐同士がくっついてしまうんです。完成したものの、形状と消費期限との兼ね合いで私の追い求める豆腐とは違った形となりました。

その頃、コンビニに並ぶサラダチキンバーを目にし「これならば、手軽にいつでも植物性たんぱく質を摂取できる」という発想へと結びつき、片手で食べられるTOFU BARの原型ができました。

TOFU BARは普通の豆腐を作るような、豆乳ににがりを加えて固める製法です。

 

なので、後から何かを添加してたんぱく質を強化しているのではなく、身体に優しいたんぱく質を自然に摂ることができます。

植物性たんぱく質や魚由来のたんぱく質などバリエーションが増えることで、消費者の方にとってもより多くの選択肢ができ、自由度も増すと思います。

 

 

――試作のため、石川県の企業に何度も足を運んだそうですね。

当時、アサヒコの工場には、私が求める硬い豆腐に味を付けるための設備がありませんでした。そのため、新しい設備に投資をする必要がありました。そこで設備が整っている企業に協力をいただき、試作を繰り返しました。

 

もちろんすぐに成功するわけではないので、新幹線や飛行機で何度も通わせてもらい、朝から晩まで試す日々でした。企業の方には「またですか」と少し呆れられるほどでしたね。

1 2 3

ビジネス

リーダーの若手時代

FIRE論