【1957年12月17日】64年前、上野動物園内に国内初のモノレール開業

【1957年12月17日】64年前、上野動物園内に国内初のモノレール開業

ビジネス

「10年前にこんなことが…」「あのサービスは20年前から?」。ビジネスシーンの会話の“タネ”になるような、過去に社会を賑わせた話題を不定期で紹介します。

64年前の1957年12月17日、上野動物園内に国内初のモノレールが開業しました。

上野動物園のモノレール=2019年10月24日、東京都台東区、朝日新聞社
上野動物園のモノレール=2019年10月24日、東京都台東区、朝日新聞社

1957年12月17日付朝日新聞夕刊には「実用化されたのは世界でもドイツだけにしかない」とあり、国内では初めて、世界的にも早いタイミングでのモノレール導入となりました。

上野動物園内で開かれたモノレールの開通式=1957年12月17日、東京都台東区、朝日新聞社
上野動物園内で開かれたモノレールの開通式=1957年12月17日、東京都台東区、朝日新聞社

この記事では、モノレールを「地上約9メートルの逆J字型の塔にぶら下がって走るケーブルカーの一種」と紹介。

車体は長さ9メートル、定員1両31人で、2両編成で運行されました。

園内の約331メートルをわずか1分半で走るため、第1便に乗った子どもたちは「ちょっと物足りないような表情だった」ようです。

料金は大人30円、子ども15円でした。

 

モノレール建設の目的は、戦後の経済発展で深刻化した、東京都内の交通混雑の緩和でした。

1957年7月27日付朝日新聞朝刊では、当時の東京都交通局長が「都内の交通難を打破するには地下鉄とモノレールしかない。地下鉄は経費がかさみ、工事に時間もかかるのでモノレールが一番有望」とコメントしています。

将来、モノレール交通網を作ることを見据えた「実験線」として、総工費2億円をかけ建設されたのが上野動物園のモノレールでした。

 

モノレールは「空飛ぶ電車」と呼ばれ、絶大な人気を集めました。

上野動物園がパンダブームに沸いた1973年には年間利用者が150万人を突破。

運賃は徐々に値上げされ、1978年10月には大人100円、子ども50円に。

上野動物園開園80周年。モノレールに乗る昭和天皇=1962年3月20日、東京都台東区、朝日新聞社
上野動物園開園80周年。モノレールに乗る昭和天皇=1962年3月20日、東京都台東区、朝日新聞社

1980年には、東京都の公営企業の赤字を減らすため、「都交通局はモノレール事業から撤退せよ」という答申が出されました。

しかし、「今のうちに乗っておこう」と考えた人が多かったのか、逆に乗客が増えるという現象も見られました。

1980年11月25日付朝日新聞朝刊によると、モノレールの人気は根強く、日曜日には40分待たないと乗れないこともあったそうです。

 

そんな中、老朽化のために「存続か廃止か」の議論が数年間にわたって行われました。

存続を望む市民の声を受け、1983年10月、都は5億円の改修工事をした上で存続する方針を決めました。

 

数回の改修工事を経て、2001年5月には4代目のモノレールが登場。

毎年、約100万人を運び続けてきました。

モノレール休止について報じる2019年10月30日付朝日新聞夕刊(東京本社版)の記事
モノレール休止について報じる2019年10月30日付朝日新聞夕刊(東京本社版)の記事

60年以上も親しまれてきた上野動物園のモノレールですが、ついにお別れの時を迎えます。

4代目の車両が老朽化したため、2019年10月31日に運行を休止したのです。

 

休止の少し前、2019年1月には、部品が壊れたことによる運転見合わせが続きました。

上野動物園のモノレールは、1本のアームでレールにぶら下がる、国内唯一の「片腕懸垂式」。

2019年10月30日付朝日新聞夕刊によると、すでに調達できない部品も多く、東京都が4代目車両の引退を決断したそうです。

上野動物園のモノレール=2019年10月24日、東京都台東区、朝日新聞社
上野動物園のモノレール=2019年10月24日、東京都台東区、朝日新聞社

上野動物園のモノレールは、何度も存続の危機を迎えながら、60年以上走り続けてきました。

これまでに乗せた人数は6500万人以上。

都の担当者は、新しい車両を作れないか、メーカーに打診し続けているものの、めどが立っていないといいます。

もしかしたら、いつか復活の日が来るかもしれません。

ビジネス

資産形成1年生

ワクワクをつくる企画術

新聞記者、地元に帰る