「34歳で起業すると決めていた」。絵画サブスクの原点は「父」と「自転車」

「34歳で起業すると決めていた」。絵画サブスクの原点は「父」と「自転車」

ビジネス

絵画の定額制レンタルサービスを行う株式会社Casie(カシエ)を立ち上げた藤本翔さん(38)。「34歳で起業する」と中学生の頃から決めていたという藤本さんの起業に対する考え方、そしてアートやレンタル事業への想いを聞きました。

会社員や職員などの「組織」から独立し、20~30代で創業した起業家は、どんな思いで、何をめざして、会社を立ち上げたのか。次代を担う起業家たちのメッセージを伝えます。

「何をやるか」より「誰とやるか」が重要だった

株式会社Casieの代表取締役CEOを務める藤本翔さん=写真はいずれも株式会社Casie提供
株式会社Casieの代表取締役CEOを務める藤本翔さん=写真はいずれも株式会社Casie提供

――「Casie」というサービス名は「絵を貸す」サービスにぴったりな名前と感じます。どのように決まったのでしょうか。

実は、法人登記の2週間前に会社名とスペル、ロゴマークがそのまま夢に出てきたんです。サービスを始める前は、会社名とサービス名を同じにする発想がなく、自分の名前をもじった「藤本商店」にする予定でした。不思議な話ですが、夢に出てきた会社名などがしっくりと来て、そのまま採用しました。

 

――そもそも起業したきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

僕はかなり早い段階で「34歳で起業する」と決めていたんです。画家をしていた父親が亡くなった年齢が34歳で、自然とその年齢を第2の人生のターニングポイントと捉えていました。

――お父さまが画家だったことが、絵画を扱う企業を立ち上げた理由と伺いました。加えて、幼い頃から「レンタル」という概念に興味があったと。

画家だった父ですが、やはり当時は絵一本で生きていくのは難しく、金銭的な理由でやめてしまう画家仲間も多かったそうです。幼いころからアーティストの不遇を間近で見てきたので、将来的に何かできればと考えていました。

レンタルに興味を持ったのは小学生の頃です。当時、友人と自転車で遊園地に行こうという話になりました。僕は裕福ではない家庭だったこともあり、自転車を持っていなかったのですが、先輩に自転車を「500円で貸してくれない?」と持ちかけたら相手は大喜びで話が成立しました。

そのとき「欲しいものを買えなくても、借りることはできるんだ。これ、めっちゃエエな」と感じたのが始まりで、「レンタル」に魅了されました。

 

――本格的にレンタル事業に関わるようになったのは社会人になってからでしょうか。

はい。1社目は総合商社の営業として、建設機械のレンタル商品を扱っていました。レンタル分野において、日本で唯一、市場規模が1兆円を超えているのは建設機械だけ。その営業を通して、レンタル事業の仕組みを学びました。

そして2社目では、レンタルやサブスクリプションサービスの立ち上げをサポートしていました。子ども服やベビーカー、喪服やビデオカメラなどレンタルにまつわるものならなんでも。当時はブームだったのか、レンタル関係の起業に需要がありました。

――11年間の会社員生活でレンタル事業のいろはを学んだということですね。創業メンバーの清水さんと小池さんは、前職の同僚ということですが、どのタイミングで声掛けをしようと思ったのでしょうか。

僕の場合は「何をやるか」より「誰とやるか」が重要でした。だから11年間「誰と仕事したいか」を意識し続けていました。だから会社員生活を「共同創業者を探す旅」と位置づけ、関わる人たちを創業者候補という目線で見ていました。

清水と小池は、34歳のリミットが迫ったとき「今後ともに仕事をするならこの2人だな」と感じたんです。

 

――元々興味があったという絵画とレンタルという分野ですが、この2つを合わせたコンセプトはいつ定まったのでしょうか。

2014年の夏、コンセプトを固めました。今でも覚えていますが、秋葉原の居酒屋で、清水にその話をしたら「なんでそんな難易度高いことをしようとするの?」と言われて。今では彼も会社の中枢にいるわけですから不思議ですよね(笑)

 

――あらかじめ期限を決めていたとはいえ34歳になったときは躊躇しませんでしたか?

もちろん躊躇はしました。でもそれ以上に「34歳」という期限が重かったんです。起業する人はよく「準備ができたら」と言いますが、そのタイミングは一生来ないんですよ。僕も準備はしていましたが「あ、準備が整うタイミングは一生来ないな」と分かったんです。

なので、起業のため1000万円貯金するつもりでしたが……。起業当日、僕の口座には8万円しかありませんでした(笑)

 

「誰もが家にアートを飾るのが当たり前」という世界にしたい

――絵画レンタルというビジネスを始めるにあたり、周囲からは反対の声もあったそうですね。

絵画レンタルの原型は、さかのぼれば55年ほど前にあったようです。それだけ歴史は古く、大手企業も行っていたものの、現在ではサービスクローズしているものがほとんどです。なぜかというと市場規模が未知数で検索ボリュームがなく、需要が顕在化されていないんです。じゃあ、なんでやってるんだって話ですが(笑)

それまで勤めていた会社は上場企業なのですが、まず会社の看板が無くなることの難しさがありました。「株式会社Casie」と言われてもピンと来ない人が多いでしょうし、名刺の力が無くなったなと。

「誰もが家にアートを飾るのが当たり前」という世界にしたくてはじめた事業。創業期は自家用車に絵画を乗せて病院や弁護士、税理士さんの事務所に飛び込み営業をし、レンタルをお願いする日々。そして2019年1月にサービスをリリースするまでは、作品を預かったり、倉庫を作ったりすることに時間を注ぎました。

リリース直後はレンタルする作品の審査をする制度がない状態で、作品の統一性がなく、ユーザーのニーズにも応えられていない状態でした。「マッチングサイトでいうと、お年寄りから若者、子どもが並んでいる状態だよ」と指摘されたこともあります。

 

――今は作品を登録する際はアーティストのエントリー後、社内スタッフによる審査を経て登録されると聞きました。ほかにもアーティストを開拓する「チャレンジ枠」という制度もあるそうですね。

はい。作品のクオリティが高くてもユーザーが選ばない作品もあるので、どのような作品ならレンタルされるのかというのを社内で分析しています。そのうえで、分析結果に近い作品を作るアーティストさんをリサーチし、チャレンジ枠としてアーティストさんにお声がけをするというシステムです。

 

――アーティスト間での「Casie」の知名度はいかがでしょうか。

知名度は伸びつつはありますが、もちろんみんなが知っているというわけではありません。でも預けてくれている画家さんたちが僕らを宣伝してくれています。アーティスト開拓で広告を出していないので「Casieを聞いたことがある」と言われるとうれしくなりますね。

1 2

ビジネス

資産形成1年生

FIRE論

小林よしひさ×複業スタイル