シェルの豪再生エネ社買収に非難殺到 乗り換えや契約解消も

ビジネス

[メルボルン 24日 ロイター] - 欧州の国際石油資本(メジャー)、ロイヤル・ダッチ・シェルに対し、グリーンエネルギー小売りのパワーショップ・オーストラリア買収を巡り批判が高まっている。

一部顧客は化石燃料会社の顧客になりたくないとして、他の再生可能エネルギー会社に乗り換えることも辞さないとしている。

シェルは22日、インフラストラクチャー・キャピタル・グループと提携してパワーショップを7億2900万豪ドル(5億2600万米ドル)で買収し、オーストラリアの家庭電力市場に参入すると発表した。

パワーショップはニュージーランドの電力最大手メリディアン・エナジーの豪部門で、買収は2022年初めに完了の予定。

環境団体エンバイロンメント・ビクトリアは24日、パワーショップとの6年にわたる提携を解消した。パワーショップの顧客らもソーシャルメディア(SNS)で、他のグリーンエネルギー会社に乗り換えたと投稿し、競合他社を推奨した。

パワーショップは22日にSNSで、所有者が代わっても「顧客と地球へのコミットメントは変わらない」と投稿。同社の風力・水力発電の資産は残り、エネルギーは100%カーボンオフセットになるとしている。

シェルの豪部門広報担当者は温室効果ガス排出について、2030年までにの絶対量を半分に削減し、50年までに実質ゼロ達成を目指していると説明した。

REUTERS

ビジネス

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論