第3四半期の独GDP、前期比+1.7%に下方改定

ビジネス

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が25日発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は季節調整済みの前期比1.7%増で、速報値の1.8%増からわずかに下方修正された。企業投資や公的支出が低迷する中、個人消費がけん引役となった。

前年比は速報値と変わらずの2.5%増だった。

REUTERS

ビジネス

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論