その日暮らしの生活から起業。普通の人こそ投資すべき理由って?【ハッシュタグZ】 #11月20日放送回

その日暮らしの生活から起業。普通の人こそ投資すべき理由って?【ハッシュタグZ】 #11月20日放送回

オフタイム

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ!」とbizbleがコラボ! 話題のあの人にZ世代が話を聞く「出演依頼のコーナー」の放送内容を、番組に寄せられたコメントとともにお伝えします。

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ」は毎週土曜22時~23時に放送中の、Z世代が自分たちの目線で物事を深掘りし、それぞれのテーマについて討論する番組です。

11月20日放送回の「出演依頼のコーナー」には、アーシスグループ株式会社の渋谷和比古(しぶや・かずひこ)さんが出演。

出演者の阿久津愼太郎さん(26)、田中雅功さん(19)、めがねさん(22)の3人と、自身の生い立ちやお金にまつわる会社を興した経緯について語り合いました。

出演者

※以下、いずれも敬称略

阿久津愼太郎(あくつ・しんたろう)

1995年生まれ。K-POP、ジャニーズ、地下アイドルなど、あらゆる男性アイドルを推すヲタクYouTuber。国内外の現場に通うフットワークの軽さや冷静な分析力は、ほかのヲタクからも支持されている。イベントMCとしても活動中。

田中雅功(たなか・がく)

2002年生まれ。東京都出身。フォークデュオ「さくらしめじ」としてアーティスト活動の他、小説家としても活動中。

めがね

1999年生まれ。大阪府出身のYouTuber・女優・タレント。YouTubeチャンネルの登録者数は34万人を超える。YouTubeだけではなく、映画やドラマなどにも出演し、活動の幅を広げている。

養護施設出身、15歳で社会人に。日雇いで苦労した日々

阿久津愼太郎(以下あくにゃん)
簡単にご経歴を教えてください。

渋谷和比古(以下渋谷)
3歳から養護施設で育ちました。その後、15歳で社会に出ました。施設で育って親もいないので、土方(どかた)仕事をしながらカプセルホテルで暮らしたりしていました。

(右奥から時計回りに)阿久津愼太郎さん、めがねさん、田中雅功さん、渋谷和比古さん
(右奥から時計回りに)阿久津愼太郎さん、めがねさん、田中雅功さん、渋谷和比古さん

めがね
日雇いで?

渋谷
そうですね。日雇いで、その日もらったお金で泊まるみたいな。本当にその日暮らしですね。でもお金にかなり困って、何か変えなきゃと。当時、弁護士になりたいと思って、5、6年、一生懸命に司法試験の勉強をしました。でもお金もかかるし、目標も遠い。その後、お金に関する仕事がしたいと思って外資系の生命保険会社で営業をして、独立して今に至ります。

めがね
シンデレラストーリーというか。

渋谷
あんまり聞かないですよね。

あくにゃん
養護施設には何歳までいらっしゃったんですか?

渋谷
3歳から12、13歳まで。

あくにゃん
そこで出なきゃいけないんですか?

渋谷
18歳までいられるんですけど、僕の場合、身内みたいな人に1回引き取られて。でも全然馬が合わないし、それで15歳で社会に出た感じです。普通は18歳までいられます。

あくにゃん
みんな18歳までに出て、仕事や進学の選択をするんですか?

渋谷
そうです。みんな結構苦労します。

あくにゃん
高校には行かれていたんですか?

渋谷
高校も行かなくて。15歳で働いていたので。

めがね
弁護士になりたかった理由って何ですか?

あくにゃん
気になる。

渋谷
17歳くらいまでそんな生活をしてて、何かやらないとなと思って。僕、勉強が本当に大っ嫌いだったんですよ。中学のころも教科書をもらった日に全部捨ててたんで。

田中雅功(以下がっくん)
(爆笑)

めがね
とがってますね。

渋谷
それくらい嫌いだったんです。でも、それまで嫌なことを避けてきたから、そろそろ真面目にやろうかなと思って。興味がないと続かないと考えて、法律を勉強しようかなと。

がっくん
法律には興味があったってことですか?

渋谷
世の中の仕組みに興味があったんですよね。

めがね
勉強は独学ですか?

渋谷
独学です。お金もなかったので。勉強の仕方が分からなくて、とりあえず「六法全書」を買って、一から読むみたいな。

一同
えー!

あくにゃん
「世の中を変えてやるんだ!」みたいなことではなかったんですか?

渋谷
いや、そんなたいそうなものはなかったですね。とにかく自分の人生を変えたいと。

外資系生保で身につけた営業のコツとは

あくにゃん
そこから会社を立ち上げたってことですか?

渋谷
弁護士を目指して5、6年勉強した後、外資系の生命保険会社でセールスを、つまり営業をやりました。営業を2年やって独立しました。

めがね
2年で!?

渋谷
そうです。

がっくん
それは営業の才能があったってことですか?

渋谷
うーん。たぶん才能じゃなくて、やることをやっていれば、誰でもでいけるんじゃないかと思うんです。

あくにゃん
営業って大変そうなイメージあります。

渋谷
よく言われます。でも、普通にやるべきことをやって、いっぱいお客さんの役に立てばいいじゃないですか。

めがね
外資系保険会社の営業ってどんな仕事なんですか?

渋谷
保険のセールスですよね。自分とつながりのある人に保険の提案したり。完全歩合制なので、やならきゃ全然お給料ないよ、でもやればやるほど収入も上がるよという仕組みなんです。

がっくん
営業やってた時に一番気をつけていたこと、大事だと思っていたことってありますか?

渋谷
いろんな方に出会っていくことが大事なので、コネクションや人脈の形成は、めちゃめちゃやっていました。

がっくん
コミュニケーション能力は小さい頃からあったんですか?

渋谷
いや、そんなことないですね。弁護士の勉強をしていた5、6年はこもっていたので、誰ともしゃべらないわけです。10代の頃はしゃべりまくっていたのに、毎日こもっているからしゃべれなくなるんですよ。弁護士の勉強をやめた後、これを改善しようと思って、1日1人以上ナンパするのをノルマにして、コミュ力を取り戻しました。

めがね
面白い(笑)

がっくん
コツってあるんですか? 人と会話する時の。

渋谷
ナンパのコツですか? 人と話すコツですか?

がっくん
人で(笑)。どっちも聞きたいですけど(笑)

渋谷
人と話すコツは、オープンでいることじゃないですか。自分を飾らずにストレートに言う。だから「口悪いね」って言われることあるんですけど。

一同
へえー。

あくにゃん
人脈があったとしても、契約につながるかは別の話ですよね。営業のコツはあるんですか?

渋谷
お客さんが買ってくれるかどうか以前に、どんなものかをちゃんと話したほうがいいです。いいものなんだから聞いてみたらって。知ってもらう、聞いてもらうことが一番大事じゃないですか。もちろんこっちは売り込む気満々なんですよ。でも、聞いてみて判断すればいいじゃん、聞くだけなら何が損なのって。

めがね
テクニックが必要そうですね。

あくにゃん
いらなかったらいいですよって言いながら、実はめっちゃ売り込みたいという。

渋谷
超売り込みたい。でも絶対役に立つ、いいものだと思ってるんです。だから聞いたら買うでしょって。

めがね
ちょっと営業受けてみたいな。

渋谷
買っちゃいますよ、それは(笑)

あくにゃん
営業の人で自社のサービスに自信が持てるのはいいですよね。よくないと思いながら売ってる人もいっぱいいるじゃないですか。それは見ていてつらいなと。

1 2

オフタイム

FIRE論

これだけは知っておこう世界のニュース

資産形成1年生