子どもは近代アーティスト? アーティストのように世界をみつめる力を身につけるには

子どもは近代アーティスト? アーティストのように世界をみつめる力を身につけるには

オフタイム

「自分なりの視点」で世界を見つめ、「自分なりの答え」を生み出す“アート思考”がビジネスの世界で必要な力になりつつあります。美術教師の末永幸歩さんがアート思考を身につけるためのレッスンを展開します。今回は子どもの視点から「みつめること」について考えます。

こんにちは。美術教師の末永幸歩です。

物事を新たな角度でみつめ直す「アート思考のレッスン」へようこそ。

小さな子どもの行動を観察していると、様々なものの見方で、目の前の世界をよくみつめていることに、ハッとさせられます。

子どもは「近代アーティストの原型」

暖かい日差しが部屋に差し込んでいたある午後のこと、1歳半の娘が宙に手を伸ばしていました。

娘の手の先に目を向けてみましたが、変わったものは特にありません。

しばらく観察していてようやく気がつきました。部屋に舞ったホコリが、窓から差し込んだ光でキラキラと輝いていたのです。

上下左右に不思議な動きをしながら空中で踊る無数のホコリに気がつくまでに、私はかなり時間がかかりました。

「見ようと思って目を向けたものしか見えていないのだ」ということに気がついた出来事でした。

 

また、公園で過ごしていたときのこと、娘が落ちていた小石で、排水溝の鉄柵を何度も叩いていました。

ただひたすら石を叩きつけているだけのように見えましたが、耳を傾けてみると、なかなか良い音がしています。

「カンカン」という鋭い音ではなく、排水溝に音が反響し楽器で奏でたかのような心地の良い音色となっていました。

おそらく初めは、たまたま手にとった小石で鉄柵を叩いてみたのでしょう。ただ、すぐにその音色に気がつくことができたのは、娘が普段から耳を研ぎ澄ませ、世界をみつめていたからに違いありません。

 

こうしたことは他愛ない日常の出来事ではありますが、このような場面からも、小さな子どもがいかに様々なものの見方で、目の前の世界をみつめているのかがわかります。

19世紀の詩人シャルル・ボードレールは、子どもを「近代アーティストの純粋な原型」と呼びました。

これは、「子どもはアーティストのように絵を描くのが好きだ」という表層の話ではありません。子どもと近代アーティストの最大の共通点は「様々なものの見方をして、目の前の世界をみつめている」という点です。

ボードレールが「純粋な原型」といったように、子どもはそれを意識せずとも自然と行っています。

 

しかし、大人になるにつれ、教育や環境によって刷り込まれた固定的なものの見方から一歩離れて世界をみつめ直すことは難しくなっていきます。

多くの人が知らぬ間に失っていくこの力を、大人になっても意識的に持ち続けられることが、近代アーティストたちにみられる特徴です。

「みつめること」は「観察すること」?

変化が大きく先行きの見えない現代では、ビジネスにおいても、新しい価値創造の必要性が高まっています。

こうした時代背景から、「アーティストのように、世界をみつめる力を身につけたい」と思う人は多いようで、デッサンをしたり、絵画鑑賞をしたりして「観察力」を鍛えるセミナーや書籍を多数見かけるようになりました。

getty images
getty images

観察力に関しては、私は多少なりとも自信を持っています。というのも、私は美術大学の絵画研究室出身なのですが、美大に入る以前に静物や人物のデッサンを学んでいたからです。

幼少期から絵が好きでよく描いていたので、デッサンを学び始めたばかりの頃も、自分の描いた絵を見て「実物どおりよく描けている」と惚れ惚れしたものです。

 

しかし、体系的に学んだあとで初期の絵を見返してみると、ある一部の影がやたらと濃く描かれていたり、気になった部分がやけに細かく描き込まれていたりする一方で、注目していない部分は密度が低くスカスカだったりと、正確な写生とはかけ離れた未熟な表現でした。

デッサンを学んだあとでは、影のつき方や光の当たり方などを体系的に理解したり、細部や全体をまんべんなく見たりして、対象物を客観的に観察することが出来るようになっていました。

画塾での評価などからも、自分のデッサンの腕前が上がったことを実感し、「アーティストとしての基礎的なものの見方が身についた」と思いました。

getty images
getty images

ですが、今になって考えてみると、その時の私には「観察力」は確実についていたものの、アーティストの「みつめる力」はまったく身についていなかったのです。

ここで、今一度考えてみましょう。

「みつめる」とはどのようなことなのでしょうか?

「みつめる」とは、すなわち「観察すること」なのでしょうか?

1 2

オフタイム

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論