「意志ある女性に、エンジニアという選択肢を」 女性向けプログラミングスクールはなぜ生まれたか

「意志ある女性に、エンジニアという選択肢を」 女性向けプログラミングスクールはなぜ生まれたか

キャリア

コロナ禍による雇い止めやシフト減で、特に非正規雇用の女性の困窮が報じられています。

そんな中、女性エンジニアを育てるためのプログラミングスクール「Ms.Engineer」(ミス・エンジニア)が設立されました。

代表のやまざきひとみさんは「女性のキャリアに、エンジニアという選択肢を加えたい」と言います。

お話をうかがいました。

リモートワークが普及、女性の働き方に革命

――「Ms.Engineer」について簡単にご説明下さい。

ハイクラスのエンジニアを育てる、女性のためのオンラインプログラミングスクールです。

2021年4月に事業を立ち上げ、11月15日に1期生の講義が始まりました。

国内最難関とも言われるシリコンバレー式のスクール「コードクリサリス」(東京都港区)と提携し、同じカリキュラムを受講できます。

「Ms.Engineer」代表のやまざきひとみさん=写真はいずれも植原みさと撮影
「Ms.Engineer」代表のやまざきひとみさん=写真はいずれも植原みさと撮影

――事業を始めたきっかけを教えて下さい。

2020年春からのコロナ禍がきっかけです。

それまで自社でPRやマーケティング事業をやっていたのですが、企業の広告予算カットで仕事が減り、結構ひまになってしまったんです(笑)

何か新しい事業を始めたいと思っていました。

 

そんな時、コロナの影響で特に女性の雇用環境が悪化しているというニュースに触れ、衝撃を受けました。

女性の失業率が男性の何倍になったとか、女性の自殺率が上がったとか、いろんなデータが出てきたんです。

日本の女性は非正規雇用が多く、労働環境の悪さがコロナで浮き彫りになりました。

女性の雇用環境を改善するために、何か手はないかと考えたのがきっかけです。

 

もともと、新規事業をやるならリカレント教育(学び直し)などをやりたいと思っていました。

「人生100年時代」と言われる今、社会に出た時に想像していたよりも、働く期間はずっと長くなります。

どこかで学び直して、人生をアップデートして、長い期間にわたって働くことが求められると思います。

コロナ禍により、働く女性の自殺が増えたことなどを伝える2021年11月3日付朝日新聞朝刊の記事
コロナ禍により、働く女性の自殺が増えたことなどを伝える2021年11月3日付朝日新聞朝刊の記事

きっかけはもう1つあります。

私のパートナーはかつて営業職で、プログラミングスクールで学んでエンジニアに転身した人です。

コロナ禍以後、彼はほぼフルリモートで働いています。

2020年の春ごろ、世の中はまだ「出社する? しない?」みたいな状況でしたが、エンジニア職は8割がフルリモートになったと言われています。

 

出社していた時より充実した彼の様子を見ていて、リモートってすごく働きやすそうだと思ったんですよね。

そこで、実はこの働き方は女性にこそ向いているんじゃないかと思いました。

 

リモートワークの普及は、多くの女性にとって革命的なできごとだと思います。

通勤時間が減ったことで、時短からフルタイム勤務に戻す人もいるそうです。

他にも、例えば出勤用の服を買ったり、入念に身だしなみを整えたり、今までほどしなくてもいい。

この小さな積み重ねが、体力や時間の余裕を生みます。

リモートが広がると、女性の働き方の幅もすごく広がるんです。

――「エンジニア=理系=男性」というイメージがあります。女性でエンジニアに向いている人は多いのでしょうか?

興味をお持ちいただいた女性から「理系じゃないけど大丈夫ですか」と、ほぼ100%聞かれます(笑)

でも、文系・理系は関係ありません。

文系出身で活躍しているエンジニアもたくさんいます。

 

この事業を立ち上げる際、女性エンジニアにインタビューをさせてもらったんですけど、みなさんすごくかっこいいんですよ。

プロフェッショナルとしての自負を持って働いていて。

 

「Ms.Engineer」の共同創業者は、お子さんが3人いる女性エンジニアです。

彼女は「この先、長く育休をとっても、仕事はなくならないと思う」と言っています。

女性は結婚や出産でライフステージが変わりやすいので、働き方の自由度が高いエンジニアは最適だと思います。

知識ゼロでも大丈夫。ライブの授業で学びやすく

――「Ms.Engineer」の特徴や、他のプログラミングスクールとの違いを教えて下さい。

まずカリキュラムがすごく難しいんですよ。

シリコンバレーから持ってきた厳しいプログラムです。

 

日本の一般的なプログラミングスクールは、オンデマンド方式が多いんです。

つまり、自分でクラウド上のビデオやテキストを見て、問題を解いて、インストラクターとチェックしていくような形式です。

でも、これだと自分で学ぶペースを作る必要があるんですね。

 

「Ms.Engineer」はオンラインですが、全てライブの授業形式でやるんです。

時間になったら着席して、Zoomのカメラをオンにして授業を受けます。

遅刻も欠席もNGです。

 

女性だけのクラスで、みんなで同じ授業を受けるので、一緒に学ぶ仲間ができます。

学ぶプレッシャーが適度にかかるのもいいところです。

何かを学ぶ時に一番難しいのは、自分の意思で時間を確保することです。

でも「Ms.Engineer」では授業時間が先に決まるので、学ぶペースを自分で作る必要がありません。

難しいプログラムでも学び続けやすい環境を提供しています。

――他の受講生とつながれるコミュニティの側面もあるのですか?

(チャットツールの)Slackでコミュニティができていて、半永久的にアクセスできます。

卒業後も毎週、オンライン自習室が開かれています。

Slackで「今から自習室開きます」って誰かが言って、みんなでZoomをつなぐんです。

ただZoomをつないで、それぞれ自分で勉強して、たまに雑談するだけなんですけど。

生徒さんが自主的に始めたものです。

 

社会人になってから、学びに対して前向きな仲間ができるのはすごくポジティブな経験ですよね。

いま女性でプログラミングを本気で学びたいと考えている人って、センスがよく、情報感度も高い方ばかりなので、すごくいい仲間ができると思います。

 

それに、女性だけなのにダイバーシティーがあるんです。

年齢層は20代から50代までいて、職種もバラバラで。

「自分の世界の外にこんなポジティブな女性がいたんだって驚きました」とおっしゃる方もいました。

 

――プログラミングの知識が全くない人でも大丈夫ですか?

大丈夫です。

9割ほどが「本当に何もわからないです」という方なので。

タイピングができて、ZoomやSlackにアクセスできれば問題ありません。

 

5週間の基礎コースを受けていただくと、JavaScriptなど技術の基礎コンセプトを理解できて、ホームページを組めるくらいのレベルになります。

その後、3カ月の応用技術コースを卒業すれば、即戦力として転職できるレベルを目指せます。

――やまざきさんご自身は、エンジニア経験はないんですか?

ありません。

もともとIT業界にいたので、サービス開発でエンジニアと仕事をすることはあったんですけど。

 

本格開校を前に、今年4月に0期生の講座を開きました。

実は私も一緒に5週間の基礎コースを受けたんですよ。

忙しくて時間がないのに、宿題がなかなか解けなかったりして、5週間で2回泣きました(笑)

でも終わってみると、できることが増えていて楽しかったですね。

 

――1期生の募集は予定より早く締め切られました。女性でエンジニアになりたい方がそれだけ多いということですか?

キャンセル待ちのまま、空きが出なかった方もいらっしゃいました。

事業アイデアを出した時には「女性でエンジニアになりたい人、いないでしょ」と言われることもあったんですが、全然そんなことなくて。

「プログラミングを学びたいと思っていました」という方が多く、想定以上にお問い合わせをいただきました。

 

今後は積極的に事業拡大したいと思っています。

11月15日に1期生が始まりましたが、年明けに2期を始めます。

その後も生徒さんの数を倍々で増やす計画です。

1 2

キャリア

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論