3年間の引きこもりから起業 食品ロスを減らす新サービスって?【ハッシュタグZ】 #10月16日放送回

3年間の引きこもりから起業 食品ロスを減らす新サービスって?【ハッシュタグZ】 #10月16日放送回

オフタイム

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ!」とbizbleがコラボ! 今回は「話題のあの人にリアルをぶつけろ!ハッシュタグ出演依頼!」のコーナーをお届けします。

ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ」は毎週土曜22時~23時に放送中の、Z世代が自分たちの目線で物事を深掘りし、それぞれのテーマについて討論する番組です。

10月16日放送回の「話題のあの人にリアルをぶつけろ!ハッシュタグ出演依頼!」のコーナーには、株式会社クロスコミュニティの代表取締役、下地慧(しもじ・さとる)さんが出演。

出演者の阿久津愼太郎さん(26)、なえなのさん(20)、高尾颯斗さん(22)の3人と、引きこもりから社長になったキャリアや、食品ロスの問題について語り合いました。

出演者

※以下、いずれも敬称略

阿久津愼太郎(あくつ・しんたろう)

1995年生まれ。K-POP、ジャニーズ、地下アイドルなど、あらゆる男性アイドルを推すヲタクYouTuber。国内外の現場に通うフットワークの軽さや冷静な分析力は、ほかのヲタクからも支持されている。イベントMCとしても活動中。

なえなの

2001年生まれ。様々なSNSで活動し、総フォロワー数が500万以上の「今最もZ世代に推されている女の子」としてタレント・モデルとして活動中。

高尾颯斗(たかお・はやと)

1999年生まれ。静岡県出身。ダンス&ボーカルユニット「ONE N' ONLY」のメンバー。ダンス歴は15年以上。特技はサッカー、水泳。

 

仕事が原因でうつ病に……。ある瞬間、吹っ切れた

阿久津愼太郎(以下あくにゃん)
社長になるまではどんな活動をされていたんですか。

下地慧(以下下地)
若い頃はひたすらバスケと音楽活動をしていました。

(右奥から時計まわりに)阿久津愼太郎さん、なえなのさん、高尾颯斗さん、下地慧さん
(右奥から時計まわりに)阿久津愼太郎さん、なえなのさん、高尾颯斗さん、下地慧さん

高尾颯斗(以下高尾)
音楽活動ですか。

下地
ずっとしていました。10年間くらい。

なえなの
歌を歌っていたんですか?

下地
歌は下手なんですわー(笑)

あくにゃん
じゃ、楽器?

下地
ギターをずっとやっていて、結果として歌うこともありました。

あくにゃん
それで急に社長になったんですか。

下地
いったんバンドをやめて社会人になったんです。コールセンターで働いていたら、会社の環境が悪くて、うつ病になって、3年くらい引きこもっていました。

あくにゃん
コールセンターって、お客さんとのやりとりが原因で病んじゃうのかと思っていたんですけど。

下地
クレーム対応は大変かもしれませんね。僕の場合は現場環境が悪かったです。

あくにゃん
怒られたりするんですか。

下地
めちゃめちゃ怒られました(笑)。うつ病になって、お金がなくなってきて、だけどまた就職する勇気もなかったんです。ふと、どうせならやりたいことをやろうと思った時期があって。働きやすい会社を作ってしまえばいいでしょ、というノリで会社を始めました。

あくにゃん
3年間引きこもりだったって、さらっとおっしゃいましたけど、結構大変ですよね?

下地
大変でしたね。ゲームはうまくなりましたけどね。

あくにゃん
ゲームをする気は起きるんですね。

下地
不思議だけどそうなんです。人とのやりとりが嫌なだけで、何かをすることはできる。それが僕の症状でした。

あくにゃん
3年かけて少しずつ良くなって、会社を立ち上げる気力が出たという感じですか。

下地
一気に戻りましたね。どうせ失敗しても死にはしないだろうと思った瞬間、急に吹っ切れました。もう1回バスケをやり始めたのがきっかけですね。うつ病が治ったと思ったら、会社を始めていました。

 

どうしたら会社やチームをうまく回せる?

あくにゃん
うつ病からの起業ってすごいですね。

なえなの
なかなかいないよね。

あくにゃん
そこで株式会社クロスコミュニティを立ち上げたと。どんな事業をされてきたんですか。

下地
創立して4年になるんですが、もともと大好きだったコミュニケーションを大切にするというコンセプトで、コールセンターやネットショップ事業をやっています。働きやすい職場を作りたくて、4年のうち2年は離職率0%を達成したのが自慢です。

あくにゃん
働きやすい職場作りのために何が大切ですか。

下地
社員同士の情報共有や仲の良さですね。社員さんとパートさんの区切りもなく。僕のことを社長って呼んでる人もほぼいません。

あくにゃん
え、なめられてるんですか。

高尾
言い方(笑)

下地
現場見てほしいですわー(笑)。僕が社長って呼ばれたくないこともありますが。

あくにゃん
いいですね、フランクな社長。どうですか、「ONE N' ONLY」もグループの人数が多いですけど、秘訣(ひけつ)とかありますか。

高尾
僕が一番年下で、一番上と3歳離れてるんですけど、あまり年齢は関係なく、敬語とかもないです。フランクな感じですね。

あくにゃん
へー、それって年上の人が決めるの。

高尾
僕が一応グループのリーダーで。

あくにゃん
え!!

なえなの
今日のゲスト(下地さん)はリーダーの方です。

高尾
だから今日はいろいろ学びたいなと。

あくにゃん
リーダーって何をするの。

高尾
僕もぱっとしないんですけど……。みんなをまとめたり、ライブに向けたリハーサルで引っ張っていったり。だらけていたら「やれよ!」と強めに言っちゃったりもします。年上もいるけど、ちゃんと受け入れてくれる関係性を築けているかなって。今お話を聞いていて、それでいいんだなと思いました。

あくにゃん
ね。リーダー同士の。

高尾
どんどん暴言吐いていこうっていう。

下地
(笑)

高尾
あれ、違う?

あくにゃん
どんどんなめられていこうと(笑)

高尾
なんかおかしくなっちゃったけど、はい。

 

賞味期限近い商品を安く買えるサービスに

あくにゃん
いま食品ロスの対策事業を進められているそうですが、なぜ食品ロスに目をつけたんですか。

下地
SDGsに取り組む企業が増えていることや、若い子がSDGsについて勉強しているという話を聞いて、僕らの会社もそれに則(のっと)ってやらないと、この先やっていけないと考えました。食品の販売サイトっていろいろありますが、もっと賞味期限ギリギリに売れないかなと。SNSでうまく販促するサービスを12月開始予定で準備しています。

あくにゃん
フードロスどうですか? ひとり暮らしだと、腐らせちゃうことが多かったり。

なえ
自炊しようと思って、スーパー行ってさ。その日はいいんだけど、「これいつまで持つかな」と思ってるうちに「これいつのだっけ」となって。それで捨てるっていう。

あくにゃん
わかる。あと困ったら、とりあえず冷凍。

高尾
パンとか日持ちしないじゃないですか。でも6枚切りの食パンとか買っちゃって、賞味期限が……みたいなのはあります。

あくにゃん
あるよね。個人でなく企業単位で見たら、すごい量の廃棄になっちゃいますよね。具体的にどういうサービスになるんですか。

下地
売ったり買ったりすることが社会貢献につながる形を目指しています。参加者の達成感も大事なので、「貢献度ポイント」みたいなものも作ろうと。ポイントで新しいものを買ったりできるようにしたいです。売上の一部を、国内で飢餓に苦しむ方に寄付することも考えています。

あくにゃん
意外と知られていないけど、日本でも全然ご飯を食べられない子がいるって。子どもの貧困問題ってありますよね。

なえなの
そうなんだ。全然聞いたことなかった。食べられない子がいるのに、別のところでは捨てているって。悪いサイクルだね。

あくにゃん
捨ててるところ、結構見るよね。閉店間際のパン屋さんとか。

なえなの
あー、わかる。お店の裏にでっかいの置いてある。「え、これ捨てんの? この量を?」ってなるもん。そういうのを防ぐんですよね。

あくにゃん
賞味期限の近いものをユーザーが買い取れるということですか。

下地
はい、安く買ってもらって。知らないものを高い値段で買うのって冒険じゃないですか。でも安く買えて、実はおいしいってことに気づいてもらえる機会にもなる。

あくにゃん
賞味期限のルール、厳しいって言いますもんね。期限が近いものはお店に並べられないって。

高尾
僕はひとり暮らしなので、賞味期限が近いものは買いづらくて。そういうサービスはいいなって思いました。

あくにゃん
最後にお知らせはありますか。

下地
買うだけ売るだけで社会貢献できるサービスにしたいと思っています。サイトの名前が「かいちゃん×ばいちゃん」で、12月開始予定です。「株式会社クロスコミュニティ」で検索してみて下さい。

bizble編集部より

bizbleでは不定期で「ハッシュタグZ」の出演依頼のコーナーを記事化します。番組はLINE LIVEでも生配信しています。

オフタイム

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論