リモートワークがもたらした影響とは? 「働きやすさ」が「働きがい」を支える時代へ

リモートワークがもたらした影響とは? 「働きやすさ」が「働きがい」を支える時代へ

キャリア

コロナ禍によって急速に広まったリモートワーク。新しい働き方に「まだ慣れない」「チームをうまくまとめられない」など課題を感じている方も少なくないのではないでしょうか。リモートワークなど多様な働き方について詳しい、リクルートマネジメントソリューションズの武藤久美子さんがリモート時代の仕事の進め方や考え方、そしてキャリアについて解説します。

リモート時代のキャリアのヒント

新型コロナウイルス感染拡大で多くの人がリモートワークを経験しました。

リモートワークは日々の仕事だけでなく、企業と働く人の関係に変化をもたらしました。

このコラムでは、リモートワークが若手のみなさんにもたらす影響を紹介したうえで、みなさんのマネジャー(以下、上司と記載)が何を考えているのかについても取り上げていきたいと思います。

リモートワークがもたらした変化を立体的に理解することで、リモート時代のよりよい仕事の進め方やキャリアの築き方のヒントにしていただければうれしいです。

 

1回目の今回は、押さえておきたいリモートワークの特徴と、その特徴がみなさんにもたらす自由と責任についてお話しします。

 

「ワーク・ライフ・バランス」から「ワーク・イン・ライフ」へ

リモートワークとの上手な付き合い方を考えるには、まず、リモートワークがどんな影響を私たちにもたらすのかを知るのがよいでしょう。

 

一言であらわすと「ワーク・ライフ・バランスからワーク・イン・ライフへ」です。

「ワーク・ライフ・バランス」は、仕事と生活の調和と訳されます(仕事と生活の両立、と呼ばれることも多いです)。

日本企業において、多様性を尊重し、それぞれの違いを受け入れようという「ダイバーシティー&インクルージョン」や女性活躍推進の文脈で推進されてきました。

仕事と生活が併記されているため、仕事は生活と切り離されたものという印象を受けます。

 

しかしリモートワークによって、仕事環境が生活環境に取り込まれることになりました。これが「ワーク・イン・ライフ」です。

パソコンを使い、自宅など離れた場所にいる社員同士が顔を見ながら会議していた=東京都内、朝日新聞社
パソコンを使い、自宅など離れた場所にいる社員同士が顔を見ながら会議していた=東京都内、朝日新聞社

「働きがい」と「働きやすさ」の融合

「ワーク・イン・ライフ」によって「働きがいと働きやすさの融合」が起こりました。

「働きがい」とは、仕事そのものにやりがいを感じたり、熱心に取り組む気持ちです。

「働きやすさ」とは、働く人が生活と折り合いをつけられたり、労働環境や制度が整っていたりすることです。

 

昨今、「働きやすさ」が、会社選びや仕事選びにおいて重要な要素であることは言うまでもありません。

私の所属するリクルートマネジメントソリューションズの調査では、期待通りの成果をあげている、同僚より高い業績をあげていると認識している若手が転職を考えるきっかけとして、「生活の変化に応じて働き方を見直したかった」と答えた割合が「仕事の領域を広げたかった」に次いで2番目に高い結果となりました(リクルートマネジメントソリューションズ「若手・中堅社員の転職意向実態調査」2018年)。

在宅勤務を強化したダイドードリンコのオフィス。社員の姿はまばらだった=2020年12月、大阪市北区、朝日新聞社
在宅勤務を強化したダイドードリンコのオフィス。社員の姿はまばらだった=2020年12月、大阪市北区、朝日新聞社

一方で、経営層や上司の中には、「働きがい」の方が「働きやすさ」よりも重要であると考えている方が一定数います。

口には出さないものの、「働きやすさ」を主張する若手のことを「甘い」と思っている方もいます。

 

しかし、リモートワークによって、仕事環境を自宅などオフィス以外の場所で整える責任がみなさん自身に移ってきました。

働きやすい環境を整えることが、働きがいにつながるという関係性に変わってきたのです。

つまり「働きがいか、働きやすさか」ではなく、「働きがいを実現する前提としての働きやすさ」へと変化し、働きやすさも働きがいも大事にできる兆しがみえてきました。

リモートワークが若手ビジネスパーソンにもたらす自由と責任

次に、リモートワークがみなさんにもたらす自由と責任についてお話しします。

リモートワークによって、みなさんは自由を享受できる可能性を得る一方で、責任も増しています。

 

ここでいう「自由」とは自分勝手に働くということではありません。

強調したいのは、「生活をより大事にできる」こと、そして「自律的に働くことができる」ことです。

 

「生活をより大事にできる」という点は、想像しやすいのではないでしょうか。

通勤時間が減った影響は大きいでしょう。

また、リモートワークで働く中で、家族との時間、地域活動、趣味、学びの時間など、生活において大切なことに気づいた方も多いと聞きます。

 

「自律的に働くことができる」とは、リモートワークでは上司や一緒に働く人が、みなさんの状況を逐一把握することは難しくなるため、みなさんに業務の進行を任せる場面が増えることを指します。

リモートワークは、自律的な仕事の進め方と親和性があるのです。

リモートワークができる「新幹線オフィス」=2021年2月、東北新幹線車内、朝日新聞社
リモートワークができる「新幹線オフィス」=2021年2月、東北新幹線車内、朝日新聞社

リモートワークがもたらす2つの責任とは

では、リモートワークがみなさんにもたらす責任とはなんでしょうか。

1つ目は「上司や周囲を安心させる責任」です。

リモートワークによって、上司や一緒に働く人から、みなさんの様子が見えづらく、何をしているのかわかりづらくなりました。

それは、みなさんにとって上司や一緒に働く人の様子が見えづらいことと同じです。

 

そのため、みなさんは上司や一緒に働く人に「自分が逐一見守っていなくても、きちんと仕事を進め、成果を上げてくれるだろう」と思ってもらえる状態をつくることが求められています。

お客様からのクレームや一緒に働く人との関係が悪化する前に、上司にきちんと報告・連絡・相談することや、みなさんが働き過ぎたり孤軍奮闘したりして、心身に不調をきたすことのないようにすることも「周囲を安心させる責任」に含まれます。

福島県に完成したテレワークの体験施設=2020年、朝日新聞社
福島県に完成したテレワークの体験施設=2020年、朝日新聞社

2つ目は、「仕事環境をデザインする責任」です。

出社中心の世界では、これはほとんど会社や上司の責任で行っていました。

しかしリモートワークでは、生活空間の中で仕事環境を確保する必要があります。

また、自分の集中力の波や生活リズムを理解し、一番能力が発揮できる仕事の組み立てと1日の過ごし方を設計する責任も、以前に増して求められるようになりました。

こうしてみてみると、みなさんにとって、リモートワークは良い面と苦労しがちな面の両面があるといえます。

 

もちろんこれらの責任のすべてをみなさんが負うという意味ではなく、会社や上司にあった責任の一部が、自分自身に移ったというのが正しい表現でしょう。

リモートワークは仕事の抱え込み、報連相の遅れ、長時間労働などが起きやすい環境であることを会社全体で認識しておくことが大事です。

 

以上、今回はリモートワークの特徴を「ワーク・イン・ライフ」というキーワードでご紹介したうえで、リモートワークが若手ビジネスパーソンにもたらす自由と責任についてご紹介しました。

次回は、「リモートワークと自分の成長」というテーマでお届けします。

 

(このコラムは月1回掲載予定です)

キャリア

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

起業のトビラ