【9/25~10/1】「三方よし」を貫く近江商人の極意とは?

【9/25~10/1】「三方よし」を貫く近江商人の極意とは?

ビジネス

「経済ニュースを毎日チェックする時間がない」「先週何があったのか、さくっと知りたい」。日々を忙しく過ごす20~30代のビジネスパーソン向けに、朝日新聞デジタルが配信した先週の経済ニュースをまとめました。経済報道の現場をみつめる朝日新聞経済部長からのコメントとあわせてお届けします。

先週(9月25日~10月1日)の主な経済ニュース

■近江商人の会社が長寿のわけは? SDGsに通じる「三方よし」の極意(9月25日)

ツカキグループの織機(右奥)で西陣織を織る=京都府京丹後市、朝日新聞社
ツカキグループの織機(右奥)で西陣織を織る=京都府京丹後市、朝日新聞社

江戸時代などに活躍した近江商人の「三方よし」が注目されています。三方よしは、売り手だけでなく、買い手や社会の利益にも配慮し、ビジネスの持続可能性を意識してきた精神です。「三方よし」という言葉は、近江商人の精神をあらわす言葉として、のちの研究者が名付けた「造語」だといいます。記事はこちら

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

ビジネス

リーダーの若手時代

FIRE論