無人コンビニが向く場所、向かない場所とは。コンビニのあり方は2極化する?

無人コンビニが向く場所、向かない場所とは。コンビニのあり方は2極化する?

ビジネス

各都道府県の最低賃金が10月、大幅に引き上げられる。コンビニは店舗によって厳しい状況になるが、チェーン本部はセルフレジ化を推進し、店の人件費抑制に努めている。最も効果があるとチェーン本部が期待するのが「無人店舗」である。売り場に従業員がいないのだから、コストは一気に引き下げられる。成長に陰りの見えるコンビニ業界にとって、無人店舗は救世主となるのか、検証したい。

私たちの暮らしに欠かせないコンビニ。優れた商品や便利なサービスを次々に提供する一方、各チェーンは人件費の高騰、食品廃棄、24時間営業の維持など新たな問題も抱えています。「月刊コンビニ」元編集長の梅澤聡さんが、コンビニが描く新しい未来を、50年の歴史を踏まえて解説します。今回のテーマは「無人店舗の拡大で何が起きるか」についてです。

ファミマの無人店舗、3年後めど1000店へ

無人店舗の開発が注目を集めている。

コンビニ業界ではこれまで、散発的な「実験」はあったものの、本格的な実用には至っていなかった。

一方でファミリーマートはこのほど、2024年度までに無人店舗を約1000店に増やす方針を明らかにした。

 

ここで取り上げる「無人店舗」は、レジ精算を全てセルフサービスとし、売り場に従業員を常時必要としない店舗を指す。

従業員は、物流業者からの商品の受け取り、陳列、整理、廃棄など一定時間を店内作業に割り当てるものの、作業時間の3~4割を占めるレジ業務から解放される。

これにより、多くの時間帯で売り場の無人化が可能になり、店舗運営のランニングコストが大幅に改善されるという。

 

ファミマが採用したのは「TOUCH TO GO」(以下、TTG)社が開発した無人決済システムである。

その実用化店舗「ファミマ!!サピアタワー/S店」を2021年3月、東京都千代田区のオフィスビルに開店。

一定の成果が見られたことから、開発推進にゴーサインを出している。

「TOUCH TO GO」社の無人決済システムを取り入れた「ファミマ!!サピアタワー/S店」。天井に設置されたセンサーカメラが入店客を捕捉し、商品棚の1アイテムごとに設置された重量センサーが、天井に設置されたセンサーカメラと連動して商品と購入者を特定する=筆者提供
「TOUCH TO GO」社の無人決済システムを取り入れた「ファミマ!!サピアタワー/S店」。天井に設置されたセンサーカメラが入店客を捕捉し、商品棚の1アイテムごとに設置された重量センサーが、天井に設置されたセンサーカメラと連動して商品と購入者を特定する=筆者提供

TTGのシステムは、アメリカでアマゾンが開発した「Amazon Go」とよく比較される。

2020年3月のJR高輪ゲートウェイ駅開業時、TTGが開発した駅構内のパイロット店舗は「日本版Amazon Go」として脚光を浴びた。

 

簡単に説明したい。

Amazon Goは2016年12月、アメリカ・シアトルのアマゾン本社1階にオープンした。

お客は専用のスマホアプリを起動し、入り口でタッチして(かざして)店内に入る。

棚の商品を手に取り、持ってきたバッグに投げ込んで、出口では立ち止まらず、そのまま店舗を後にする。

スマホアプリで本人認証し、天井に設置されたカメラが本人を捕捉することで、棚のセンサーが本人と商品をひもづけ、そのつどデータ上「かごに入る」システムである。

いったん手に取った商品を元の棚に戻せば、かごから除外される。

アメリカの「Amazon Go」1号店は2016年12月にオープンした。棚の商品を精算前にマイバッグに収めるシステムに世界の流通関係者は衝撃を受けた。写真はサンフランシスコの店舗=2018年、朝日新聞社
アメリカの「Amazon Go」1号店は2016年12月にオープンした。棚の商品を精算前にマイバッグに収めるシステムに世界の流通関係者は衝撃を受けた。写真はサンフランシスコの店舗=2018年、朝日新聞社

一方のTTGには、Amazon Goと決定的な違いがある。

Amazon Goは、利用客が入店時にスマホアプリで本人認証するが、TTGは不要である。

誰もが自由に入店し、商品を手に取り、その場でマイバッグに入れていい。

買い物を済ませ、出口前のゲートに立つと、レジの画面に商品と価格が表示される。

間違っていなければ、Suicaなど交通系ICカードをかざして支払いを終える(酒類はモニターによる店側の承認が必要)。

日本版Amazon Go? 「誰でも使える」を重視

要は、Amazon Goは入り口で専用アプリを立ち上げる手間があり、TTGは出口で購入商品を確認して精算する手間がある。

Amazon GoとTTGの両システムは、商品バーコードの読み取りがなく、前者はレジの待ち時間をゼロ、後者はほぼゼロにした点で、共に快適な買い物環境を提供している。

 

高輪ゲートウェイ駅のTTGのパイロット店舗は当初、精算方法を交通系ICカード一本に絞り込んだ。

駅利用者が買い物する店舗であり、もともとTTGがJR東日本の子会社なこともあり、その点は割り切ることができた。

ただ、そのシステムを導入した「ファミマ!!サピアタワー/S店」は、さすがに交通系ICカードだけでなく、現金、クレジットカードにも対応している。

「ファミマ!!サピアタワー/S店」では、決済エリアに立つと、目の前のタッチパネルに商品名と個数、価格、合計金額が表示される。間違いなければ「お支払い(レシートあり)」をタッチする。誤っていれば「商品修正」をタッチして、それでも解決しなければ、呼び出しボタンをタッチして、事務所の従業員を呼んで修正してもらう=筆者提供
「ファミマ!!サピアタワー/S店」では、決済エリアに立つと、目の前のタッチパネルに商品名と個数、価格、合計金額が表示される。間違いなければ「お支払い(レシートあり)」をタッチする。誤っていれば「商品修正」をタッチして、それでも解決しなければ、呼び出しボタンをタッチして、事務所の従業員を呼んで修正してもらう=筆者提供

TTG社の阿久津智紀社長によると、精算時に従業員の商品スキャンが不要となるので、買い物時間は通常の約半分で済むという。

また、レジを担当する従業員(2人)が基本的にゼロになるため、従業員の生産性が格段に向上するという。

 

Amazon Goは、アマゾンのアカウントと専用アプリを必要とする。

このため、顧客情報を取得し、マーケティングやプロモーションに活用できるのが強みだ。

一方、TTGは交通系ICカードや現金による支払いのため、顧客情報を取得できない。

この点について、阿久津社長は開発当初に次のように答えている。

 

「スマホアプリの利用を前提にした時点で利用者の4割が落ち(脱落し)、そのアプリをクレジットカードにひもづける段階で8割が落ちていく。自分の母親を思い浮かべても、スマホは利用していても、クレジットカードとのひもづけはおそらく自分ではやらない。誰でも使えるサービスを心掛けて、今のシステムを採用している」

 

ことさら高齢者に限定するつもりはないが、私の実感としても、日本の総人口の3割弱を占める65歳以上の高齢者が、自ら専用アプリをダウンロードし、銀行口座やクレジットカードにひもづけし、買い物するのかと考えれば、相当にハードルが高そうである。

1 2

ビジネス

FIRE論

これだけは知っておこう世界のニュース

資産形成1年生