大学受験のやる気、どう引き出す? 新興オンライン塾の手法とは【ハッシュタグZ】 #9月11日放送回

大学受験のやる気、どう引き出す? 新興オンライン塾の手法とは【ハッシュタグZ】 #9月11日放送回

オフタイム

現役生は2~3カ月で成績が上向きに

めがね
「吉村先生もコーチングなさってるんですか? 生徒さんに」

吉村
「僕は今3名持ってますね」

あくにゃん
「その3人が志望校に受かるかどうか、かかってるってことですもんね」

吉村
「そう。人生背負ってるんで。それはうちのスタッフにも言ってますね」

がっくん
「どんな悩みが多いですか」

吉村
「モチベーションが上がらない、集中力が続かない、何からやったらいいか分わからない、ですね」

あくにゃん
「受験の時、最終的に学力が同じくらいで受かるかどうかが分かれる時に、地頭が影響するよって言われたんですけど」

吉村
「現役で受かろうと思ったら、効率よくやらなきゃいけないです。でも、何年もかけていいのであれば、やればやるほど上がります。ただ、1浪2浪とだんだんしんどくなるので、うちみたいなサービスで最短最速ルートを目指そうと」

めがね
「私もともとめちゃくちゃ頭悪くて。社会のテスト4点とか理科8点とか。私が行きたかった学校は偏差値50前後くらいで。偏差値31くらいから50くらいまで上げるまで、ひたすら勉強してたんです。よく分からないまま脳にたたき込んで。その時このサービスに出会いたかったです」

がっくん
「道筋を立ててくれるって安心感ありますよね。自分でやるのが不安な人は、分かりやすく道筋立ててくれる人がいるだけで、勉強にも身が入りますし」

あくにゃん
「受け持ってからどれくらいで成績って上がり始めますか?」

吉村
「2~3カ月くらいですね。もう受験まで半年切ってますが、この時期に入る高3生もいますね」

がっくん
「2~3カ月でそんなに上がるんですか」

吉村
「現役の人は伸びしろがあるので。部活を一生懸命やって、キャンバスが真っ白なところに塗っていくので、上がり始めは遅くないです」

勉強しなかった東大生・京大生はいない!?

あくにゃん
「みなさんからメールが来ています。今日まで受験生でしたという方から。『今日のお昼12時まで受験生で、毎日ドキドキしていました。受験の面接を終えた今の私は、楽しかったという気持ちで一杯です。緊張を楽しむって心に決めて頑張ったら、面接まで楽しめちゃった』と」

めがね
「えーすごい。肝すわってるな」

がっくん
「面接とかのカリキュラムも組んだりするんですか?」

吉村
「いや、筆記がメインになりますね」

あくにゃん
「次の方。『受験生の時の自分に言いたいことは、生活リズムを正してたくさん寝てほしいです』と。結局ここにつきるんですか? 健康第一みたいな」

吉村
「リズムを崩すと入試当日もしんどいです。とはいえ最後は気合で、僕も4時間睡眠でやってましたけどね」

一同
「えー!」

吉村
「12時間とか勉強すると、あんまり寝る時間なくて」

あくにゃん
「そういう話は広まってほしい。テレビに出てる東大生や京大生って『勉強しないで受かりました』『1番近い大学がここだったんで』みたいな。マジそういうのやめてほしい。めちゃくちゃ勉強してる人がほとんどだから」

大学の楽しさを伝えてやる気をONに

あくにゃん
「LINE LIVEのコメント欄に来ていますが、自分へのアドバイスということで『周りの人は気にしないでいいよと声を大にして言いたいです。当時も気にしないようにしていたけど、どうしても気にしてしまうし、妥協してしまい、悔しい思い出として残ってます』と」

がっくん
「こういう人多いですか?」

吉村
「多いです。他の子が使ってる参考書が気になって手を出してとか。友達の成績が良いのを聞いたら仲悪くなったりとか。みんな過敏になってくるので」

あくにゃん
「今でもA判定、B判定とかありますか?」

吉村
「あります。AからEまで」

あくにゃん
「大学に受かる確率みたいなのが出るのよ。自分だけBでやばい、周りはAなのに、みたいな」

吉村
「僕ずっとEでしたよ。ぎりぎりまで」

がっくん
「ご自身も当時は焦りとかありました?」

吉村
「ありましたよ。周りの子、みんなAなん? って。気にしないようにしても、気になりました」

あくにゃん
「そういうお悩みを持った人にはどう声をかけるんですか?」

吉村
「ずっとA判定で落ちた友達とかもいるんで、本当に最後まで分からないですよ、と」

めがね
「学生さんはどんな悩みが1番多いですか」

吉村
「勉強もそうですけど、将来への不安ですね。何も見えないじゃないですか。とりあえず勉強しなさいと言われてやってるんで。将来がぼんやりしすぎて、やる気も出ないという」

めがね
「そういう人にはどうアドバイスなさるんですか?」

吉村
「うちの先生も受験終わって間もなかったり、現役の大学生だったりするので、大学ってこんなところだよ、こんな勉強ができて楽しいよ、と希望を持ってもらいます。じゃあもう1回頑張ろうとなるように」

あくにゃん
「確かに大学の魅力を伝えるって重要ですね。『大学なんて行かなくても』みたいな情報もあふれていますから。最後にお知らせはありますか?」

吉村
「まだ9月ということで、無料の受験相談をやっています。スタッフが1対1で受験のお悩みにお答えします。ぜひご相談いただければ」

bizble編集部より

bizbleでは不定期で「ハッシュタグZ」の出演依頼のコーナーを記事化します。番組はLINE LIVEでも生配信しています。

1 2

オフタイム

FIRE論

仕事と人間関係の習慣づくり

ワクワクをつくる企画術