中国の新築住宅価格、8月は前月比+0.2%に鈍化

ビジネス

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が15日発表したデータに基づきロイターが算出した8月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.2%上昇と、伸びは前月の0.3%から鈍化し、8カ月ぶりの低水準となった。

不動産市場の過熱抑制策が需要に影響を与えた。

前年比では4.2%上昇。7月の4.6%上昇から鈍化した。

中国当局は今年、住宅価格上昇や不動産市場のレバレッジを抑制する対策を強化し、不動産開発業者の債務比率に上限を設けるなどの措置を取っている。

REUTERS

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代