ヤマダHD、三嶋社長が健康上の理由で辞任 山田会長が兼務へ

ビジネス

[東京 15日 ロイター] - ヤマダホールディングスは15日、三嶋恒夫社長兼最高執行責任者(COO)が健康上の理由で30日付で辞任すると発表した。創業者の山田昇会長兼最高経営責任者(CEO)が社長を兼務する。

三嶋社長から15日、健康上の理由で代表取締役および取締役を辞任したいとの申し出があり、受理したとしている。

REUTERS

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代