「人生が逆転した」 10万人に1人の難病を抱え、選んだ“起業”の道

「人生が逆転した」 10万人に1人の難病を抱え、選んだ“起業”の道

キャリア

ホームページや名刺の作成を請け負う株式会社仙拓を19歳のときに立ち上げた佐藤仙務(ひさむ)さん(30)。起業に至った経緯や思い、起業を考えている方に伝えたいことなどをbizble編集部が聞きました。

会社員や職員などの「組織」から独立し、20~30代で創業した起業家は、どんな思いで、何をめざして、会社を立ち上げたのか。次代を担う起業家たちのメッセージを伝えます。

10万人に1人の難病。就職先、なかなか見つからず

――佐藤さんが抱えているご病気「脊髄(せきずい)性筋萎縮症(SMA)」や生い立ちについてお聞かせください

SMAというのは、運動神経細胞が変性して、筋肉が萎縮していく先天性の難病です。10万人に1~2人が発症すると言われています。私は3人兄弟の3番目ということもあって、うちの両親は早い段階から兄たちと比べて、私の成長のスピードに違和感を感じたそうです。

寝返りをしなかったので、最初は保健師さんなどに相談をしていたそうなんですが、名古屋の大学病院を紹介されて、診てもらったところ、生後10カ月でSMAという難病がわかりました。

小学生から高校生までは、身体に障害をもった子が通う特別支援学校に通いまして、いよいよ高校3年生になって社会に出るとなったときに、どうするかという話になりました。私は働いて自分で稼いで、収入を得る手立てを得たいと考えていました。

成人式に出席した当時の佐藤仙務さん=以下、いずれも佐藤さん提供
成人式に出席した当時の佐藤仙務さん=以下、いずれも佐藤さん提供

まだその頃は会社を立ち上げるとか、自分でこういうビジネスがしたいとか、そういうことは考えていませんでした。ただどこかに就職をしよう、という風に考えていましたが、私はほとんど身体を動かすことができなくて、寝たきりの状態。今から10年前くらいで、なかなか当時は私が働ける場所、就職できる場所というのがありませんでした。

じゃあどうしよう、ということで会社を立ち上げようとことになったのがきっかけです。

 

――立ち上げた「仙拓」という会社はウェブデザインなどのサービスを展開しています。佐藤さんはいつごろからウェブ知識をつけられたのでしょうか

もともと自宅にあった父のパソコンを触る程度で、小学生になる前はそこまで強い興味があったわけではありません。小学校3年生のころに自分用のノートパソコンを買ってもらい、文章を打ったり、インターネットを使ったりということをしていました。その後、中学生になったころから、インターネットでゲームをするようになりましたね。普通であれば学校終わったら遊ぼうぜ、となるかもしれませんが、私の場合、学校の友人も障害を持っている人が多く、当時からオンラインで、ビデオ通話でつなぎながらゲームをしていましたね。

スポーツ系からアクション系、FPS(ファーストパーソン・シューター)までありとあらゆるものをやってましたね(笑)

オンラインゲームはパソコンのスペックが求められます。容量や機能に結構影響される部分があることがわかって、そうなると良いパソコンがほしくなる。それで良いパソコンってなんだろうということを調べるようになりましたね。

「リモートワークの時代は来ない」 考え方に違いを感じ、就職先を辞退

その後、高校を卒業した後の勤め先として、データ入力やウェブサイトの制作といったIT系の仕事をする障害者の就労を支援する事業所に内定をもらいました。ただ、勤務する前に1週間ほど実際に通わせてもらいました。ありがたいことに良い評価もいただきました。ですが、就職先の責任者のような立場の方とお話をしたところ、当時の私は、働くということについて、ここまで考え方が合わないのか、と思ってしまいました。根本的に相いれないな、という感じでした。

もし自分がそこに就職して、10、20年、と働き続けてしまうと、その考え方が自分の考え方になってしまうことが怖いなと感じてしまったんです。そう感じたのでお断りをしました。障害者が稼げるお金は本当に少ないです。ただ、その就職先はそういう状況でも比較的よい収入が得られるという場所だったので、辞退することに驚かれました。月給は2万円です。月給2万円と聞いて少ないと思うかもしれませんが、障害者の立場からすると、月に2万円稼げるところに就職できる、ということはカリスマに近い存在でした。

講演をする佐藤さん
講演をする佐藤さん

身体を動かす仕事に関しては、自分は健常者の方と比べて劣っているとは思うんですが、コンピューターを使う仕事の場合は、劣っていると思ったことはありませんでした。

私は当時から将来的にリモートワークがやりたかったんですね。いまでこそリモートワークは当たり前になりつつありますが、当時まだリモートワークは浸透していませんでしたし、ただカッコつけたいからやっているだけでしょ、と言われている状態でした。私がそこでの勤務をお断りしたもうひとつの理由は、そこにあります。そこで言われたのは、「これからリモートワークで仕事が成立する時代なんてこない」と。

そう言われて、「なんでですか?」と聞いたら、「個人情報があるから、会社の外で仕事をするリモートワークの時代なんて絶対こないよ」と言われたんです。

でもその頃から、私はリモートワークの時代がくると思っていましたし、やはり考え方も含めてまるで違うので、お世話になることはお断りをしました。

「働く場所がないなら作るしか」。妥協せず、顧客に向き合った

――その後どのように起業に至ったのでしょうか?

私と同じSMAの幼なじみの友人がいまして、その彼と2人と2011年に起業しました。彼も私と同じで、なかなか働く場所がないと。彼は私よりも3つ年上で、高校を卒業してからいわゆるニートだったんですね。私は高校1年生のときに彼を見ていて、「自分はこうなりたくないな」と思っていたんですが、彼は「でも君もそうなるよ」と言っていて。それで実際、私も就職活動をしてみて、障害者が働く場が本当に少ないことを知りました。

それで「働く場所がないなら作るしかないんじゃないか」という考えになって、彼を誘って2011年4月に会社を立ち上げました。

 

――起業をして、忘れられない仕事の受注はありますか?

そうですね。私自身も経験がないですし、お金もないですし、人脈もない。ないものを数えたらキリがないというくらい、なにもない状態でした。本当にゼロから、というよりもマイナスに近いスタートでした。

そのなかで、最初は私の親戚や知り合いに声をかけて仕事を頼んでもらって、ただそのなかで当然厳しい意見をいただくこともたくさんありました。私もこのまま自分たちの身内だけで仕事が続くわけがないと思っていて、どうすれば自分たちの仕事を知ってもらえるかをいろいろと考えました。

その後、メディアにお声がけして取り上げてもらおうと考えたのですが、ほとんど見向きもしてもらえない。そんななかで、地元の新聞社とケーブルテレビにインタビューしていただけました。そしてそのケーブルテレビを見たという方から注文をいただけたときは本当にうれしかったですね。金額は1、2万円でした。

――受注できたのはどういった仕事だったのでしょうか?

発注してくださった方はネイルサロンのオーナーの方だったのですが、名刺とキャンペーンのダイレクトメールのデザインでした。ただ、うちの会社も駆け出しでお客様のイメージのデザインをしっかりご提供できていませんでした。LINEでデザインの画像を送って、デザインのやりとりをしていたのですが、やはり直接のやりとりができなかったことで、名刺の微妙な色の変更など細かい部分のコミュニケーションがうまくいっていませんでした。そういう状況で複数回やりとりをしていたところ、お客様から「これで大丈夫です」と言われてしまって。

私が窓口をやっていたので、そのことを一緒に創業したメンバーと話したところ、そのお客様は本当の意味で「大丈夫」と言ったのではなくて、私たちが障害を持っているから、これ以上負担をかけては申し訳ない、という意味での「大丈夫」だったということが20歳そこそこの私でもわかりました。

そこで彼にどうするか、と相談して、もしここで「お客様が大丈夫、と言っているから」という理由で妥協したら、おそらく私たちの会社に未来はない、という話をしました。

そこで直接お客様のところへ行かせてもらって、お互いが納得いくまで調整して。そうしたら大変感動してくださいました。そしてそのお客様が名刺を配る度に、「最後までしっかりやってくれた」と私たちの会社のことまで宣伝をしてくれて。それで色々なところに広めていただくことができました。

 

――佐藤さんがパソコンの作業をするときはどのように作業されていますか?

ほとんど手が動かないので、パソコン上に仮想のキーボードを表示させて操作をしていましたが、2016、2017年くらいから自分の視線でパソコンを操作できるソフトを導入しました。それ以降は実際に手を動かさない状態でも入力ができるようになっています。

1 2

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代