社長、モデル、母親。申真衣さんが入社5年目のあなたに伝えたい「自分自身に耳を澄ませよう」

社長、モデル、母親。申真衣さんが入社5年目のあなたに伝えたい「自分自身に耳を澄ませよう」

キャリア

新卒で入社したアメリカの金融大手ゴールドマン・サックス証券をやめ、ベンチャー企業を共同創業。ゲームセンターの運営会社を中心に、エンターテイメント分野の会社を傘下に持つ株式会社「GENDA」の代表取締役社長を務める申真衣(しん・まい)さん(37)は、ファッション誌「VERY」専属モデル、2児の母親でもあります。自分らしいキャリアを歩むヒントや働き方、多忙な日々をやりくりする秘訣とは? 申真衣さんの考えを聞きました。

あなたは何歳まで働く? ベンチャー企業を創業した理由

――キャリアや働き方についてお伺いします。大学卒業後にゴールドマン・サックス証券に入社して11年勤めたのち、GENDAを共同創業しました。なぜ、転身しようと思ったのでしょうか?

申真衣さん=写真はいずれも植原みさと撮影
申真衣さん=写真はいずれも植原みさと撮影

私は、100歳まで生きると想定したら、短く見積もっても「80歳ぐらいまでは働いていたいな」と思っています。

私が転身したのは33歳の時だったのですが、「あと50年あるな」という感覚がありました。

金融業界自体は好きだったのですが、そのまま金融業界の中でずっと働き続けて、80歳になるというイメージがわきませんでした。「ここでしっかりキャリアを変えた方が選択肢も広がるし、世界も広がるし、楽しくなるんじゃないかな」と思いました。

社会人になったばかりの頃は、自分のキャリアについて、「いかに早く登っていくか」という“スピード”をすごく意識していました。

でも「80歳まで働く」ことを意識したとき、「いかに長くキャリアを味わえるか」という視点で見た方が、自分の人生を豊かにするなと感じるようになりました。

そう思っていたときに、GENDAの共同創業者との出会いがあり、「一緒にやってみよう」ということになりました。

――経営者になるというのは、もともと目指すキャリアの1つにあったのでしょうか

もともとあったわけではないです。でも、「これまでとすごく違うことをしたいな」と思っていた中で、「自分の会社をやってみたいな」という気持ちが生まれました。

共同創業者との出会いも大きかったです。

共通の知人を介して知り合ったのですが、自分と全く異なるバックグラウンドを持つ人でした。

それまで働いていた会社では、自分とよく似た、同じ方向を向いている優秀な人がたくさんいました。その中で働くのは心地よかったのですが、全く違う人と一緒に働いた方が広がりが出ますし、面白い。

自分への刺激にもなるなと思い、トライしてみようと思いました。

――ゴールドマン・サックス証券では、当時最年少でマネージングディレクターにも就任しました。当時はどのような働き方だったのでしょうか?

部署によって働き方は様々なのですが、私のいたマーケット部門は「30秒以内に反応しないと遅い」というような時間に対するプレッシャーはありました。

でも、労働時間がすごく長いわけではありませんでした。

新卒採用では、半数が女性。経営陣となると女性は少なくなってしまうのですが、自分が働く上でのロールモデルもいました。

“ロールモデル”というと、「完璧で、自分と似ている人じゃないと意味がない」と思いがちではないかと思うのですが、「この人のこういう働き方はいいな」「この人はこういうところがいいな」と、複数いていいと思うんです。

子育てと両立しながら働いている方や、たくさんの男性の部下をマネージしている方。

私にとっても複数のロールモデルがいて、働き方のイメージを持つことができていたと思います。

私は2016年、第1子のときは産休を4ヶ月間とりました。

ロールモデルもいたので、出産を機にキャリアをあきらめることは考えていませんでした。

ただ、外資系の会社だったからなのかどうかはわかりませんが、これは「自分の仕事」とはっきり決まっているわけではなくて、少し“仕事を取り合う”ような文化がありました。

「自分が休んでいる間に自分の好きな仕事が誰かに持っていかれてしまうんじゃないか」

そんな不安を感じ、モヤモヤしながら産休に入ったのですが、結果的に「よかった」と思うことがあったんです。

私は当時、5、6人のチームをマネージする立場の管理職になっていたのですが、私が抱えていた仕事を部下に託したんです。

4ヶ月後に戻った時、その仕事を取り戻す必要がないくらい、部下がこなせるようになっていて。

そうすると、私はより上のステップの仕事を引き受けることができるようになりました。

部下もステップアップができ、私自身もステップアップに。私が予想していなかった、チームとして成長できたという、とてもいい経験になりました。

――産休を通じていい経験ができた、と

結果的には、です。

産休は、全く楽なものではありません。

子どもはかわいいはずなのに、「ちゃんと育ってるのかな?」など、毎日すごく不安になる。睡眠時間も短いし、話す人もあまりいません。ちょうど夫の出張が多い、忙しい時期とも重なって、すごく孤独を感じていました。

当時は、夫との関係も難しくなりました。

「私=子どもを見る人。あなた=働く人」みたいな関係になってしまい、1日の終わりにお互い「今日大変だったこと」を言い合うのですが、「どっちが大変だったか」を競争するようになってしまって。

私が「今日はうんちが2回もれて、着替えを2回して大変だった」と言うと、夫は「今日はミーティングが多くて大変だった」。

「私の方が大変だった!」という、噛み合わなさ。言い合っても、絶対に分かり合えないんですよね。

でも、私が仕事に復帰してからは「一緒に働き、一緒に子育てする」という、お互いの目線がそろったように思います。

いろんな夫婦の形があると思いますが、私たちにとっては、お互いに仕事をしながら子育てをする方が、いい関係でいられるなと思いましたね。

社長とモデル。2つの仕事を持っているからこそ

――会社の社長をやりながら、VERY専属モデルとしても活躍されています。モデルの仕事を始めたきっかけはどういうものだったのでしょうか

何回か雑誌に出させて頂くことがあり、そこから「やってみない?」と声をかけて頂きました。

最初は好奇心からはじまりましたが、「こういうサンプルがいるということを誰かが知ることによって、なにか勇気づけるようなきっかけになると嬉しい」。いまは、その思いでやっています。

ゴールドマン・サックス証券でマネージングディレクターに就任したとき、一度も一緒に仕事をしたことのない年下の女性から「すごく嬉しいです」と声をかけてもらったことがありました。

私のことを知らないのに、です。「自分が頑張っていることによって、誰かを勇気づけることができるんだ」ということは、私にとっては新しい発見でした。

――2つの仕事をするようになって感じたメリットのようなものはありますか

2つの仕事をすることは、いまの時代は自然なことだと思いますし、別のことをやるからこそ頭が切り替わっていいなと思うこともあります。

個人的なことで言うと、私の娘たちが「お母さんは2つ仕事をやっているんだ。それは普通のことなんだ」と思ってくれたらいいなとも思っています。

これから先の人生を考えたとき、あるタイミングで2つの仕事を持つことで、広がりが生まれ、豊かなキャリア形成につながるんじゃないかなと思っています。

――2つの仕事をはじめる時のヒントはありますか

副業可能な会社も増えているので、まずは趣味の範囲ではじめてみたり、友達を手伝ってみたりすることからはじめてもいいのかなと思います。

1 2

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代