博報堂をやめてニュースの作り手へ。ハフポスト日本版・南麻理江の「自分のものさし」で人生を切り開く方法

博報堂をやめてニュースの作り手へ。ハフポスト日本版・南麻理江の「自分のものさし」で人生を切り開く方法

キャリア

「会話を生み出す国際メディア」を掲げるウェブメディア「ハフポスト日本版」のエディター(記者・編集者)で、ライブ配信番組「ハフライブ」でメインパーソナリティーを務める南麻理江さん(34)は、大手広告代理店出身。新卒で入った博報堂では、メディアや企業と向き合い、広告のプランニングをしたり、消費者の行動データに基づいたデジタルマーケティングを担当したりしていました。なぜ、広告代理店からエディターへと転身したのか? 決断にいたった思いや、新たなキャリアを切り開くヒントを聞きました。

変化の大きな時代に生きる私たちの働き方はより柔軟になりつつあります。あなたは、どう働く? そのヒントとなりうる、新たな分野に“転身”して活躍する方々のいまを伝える企画です。

「高橋まつりさんは、私だったかもしれない」

――新卒で2011年に博報堂に入社しました。2017年にハフポスト日本版に転じ、ニュースエディターとなりました。なぜ、記者に転身しようと思われたのでしょうか?

理由は10個、100個......たくさんあります。劇的なストーリーや運命的な出会い、挫折など、「これ!」というたった1つのきっかけがあったというわけではなくて、言葉になっていない色んな理由が塊になって、くよくよと悩んでいた時期が1年くらいありました。

その時期にすごく考え抜いたからこそ、きたるべきときにポンと転身できたと思っています。

いま振り返ると、そのたくさんあった理由のなかでも、一番大きかったのが、「もっとダイレクトに、社会課題にアプローチしたい」という気持ちが芽生えてきたことだったと思います。

ハフポスト日本版の南麻理江さん=竹下由佳撮影
ハフポスト日本版の南麻理江さん=竹下由佳撮影

私がハフポストに転職したのは、2017年5月。

その半年ほど前の2016年秋、電通社員だった高橋まつりさんの自殺が「長時間の過重労働が原因だった」として労災認定されたというニュースがありました。

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

FIRE論

これだけは知っておこう世界のニュース

資産形成1年生