【8月10日】沖縄のモノレール「ゆいレール」の運行が始まる

【8月10日】沖縄のモノレール「ゆいレール」の運行が始まる

ビジネス

「実は10年前のきょう…」「きょうはこんな日なんですけど…」。取引先との雑談や、プレゼンの冒頭、社内の朝礼など、日々のビジネスシーンでのちょっとした会話のきっかけになる話題の“タネ”を紹介します。

18年前の2003年8月10日、沖縄都市モノレールが運営する「ゆいレール」の運行が始まりました。

全国で唯一鉄道がなかった沖縄県で、戦後初の軌道系交通機関となりました。那覇市の那覇空港駅から、観光名所の首里城に近い首里駅までの15駅(約13キロ)を27分で結びます。
 

運行開始から3年経った当時のゆいレール=2006年8月、那覇市内、朝日新聞社
運行開始から3年経った当時のゆいレール=2006年8月、那覇市内、朝日新聞社

2000年6月15日付朝日新聞朝刊(西部本社版)によると、車体は銀色を基調に、首里城の朱塗りの赤の線がシンボルカラー。

窓ガラスは強い日差しを和らげるモスグリーンの熱線九州ガラスを使っています。「ゆいレール」は、「助け合い」を意味する「ゆいまーる」という沖縄の方言と、モノレールが人と人を結ぶというイメージから名付けられました。

ゆいレールの運行が始まった翌日の朝日新聞夕刊(西部本社版)によると、運行初日は約6万1800人が利用。夜には、ほぼ満員の車両が軌道上で自動停止し、約1時間立ち往生したというトラブルの様子を伝えました。

運行開始から3年が経った当時の朝日新聞では、ゆいレールについて

 

県内唯一の軌道系交通機関として県民の足に定着。那覇空港に直結した使いやすさが観光客にも好評

2006年8月11日付朝日新聞夕刊(西部本社版)

 

 

 

とし、1日あたりの平均乗客数(2005年度)は約3万6000人で当初の予測を約2000人以上上回ったことを伝えています。

ゆいレール=2012年4月、那覇市内、朝日新聞社
ゆいレール=2012年4月、那覇市内、朝日新聞社

ゆいレールは2019年10月1日、首里駅から浦添市の「てだこ浦西駅」まで約4キロ延伸されました。

運行が始まって以来、観光客の増加も重なって、ゆいレールでは慢性的な混雑が続いていました。そのため、沖縄都市モノレールは2019年、2両編成から3両編成に増やす方針を決めています。

延伸区間を試運転するゆいレール=2019年9月、那覇市首里石嶺町、朝日新聞社
延伸区間を試運転するゆいレール=2019年9月、那覇市首里石嶺町、朝日新聞社

一部3両編成の営業運転開始は、2023年ごろと見込まれています。

ビジネス

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論