正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい #56

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい #56

ライフ・マネー

朝日新聞社メディアビジネス局運営の金融メディア「START!」に掲載された人気連載をbizbleでも掲載。経済評論家の加谷珪一さんがお金の教養を伝えます。

前回は著名な経済学者であるケインズの「アニマル・スピリット」という概念について解説しました。アニマル・スピリットは「野心」「気概」などと訳されますが、お金が欲しいといった単純な動機ではなく、何かを実現しようという野心、気概こそが、本当の意味でお金を引き寄せるとケインズは論じています。

ケインズは偉大な経済学者であり、その業績は比類なきものですが、ケインズを経済学者としてだけで捉えてしまうと、彼の本質を理解することはできません。ケインズには、物事の本質を見抜く驚異的な力があり、真の意味での教養人だからです。

自分ではなく他人の心理を理解せよ

ケインズはアニマル・スピリット以外にも多くの名言を残しています。もっとも有名なのは株式投資における「美人投票」のメカニズムでしょう。

ケインズは、株式投資というのは美人投票と同じだと自著で説明しています。美人投票でもイケメン投票でも同じですが、こうしたゲームで勝つためには、自分が美人(あるいはイケメン)と思う人に投票してはダメであり、多くの人が美人(あるいはイケメン)と思う人に投票しなければなりません。

いくら自分の価値観でこの人が美人だといっても、結果は投票で決まりますから、自分ではなく他の人がどう思うのかを知ることが重要です。

株式投資についてもまったく同じ事が言えます。自分がよいと思う銘柄を買ったからといって、その銘柄が上昇して儲(もう)かるとは限りません。株価が上昇するためには、多くの投資家がその株を買わなければなりません。つまり、自分ではなく、多くの他人がどの株が上がると考えているのかを予想する必要があります。

実際、株式市場では、大した業績を上げていない会社でも、話題性から株価が上昇するので、多くの投資家が関心を寄せ、さらに株価が上がっていくという現象が見られます。これが究極的な状況になるといわゆるバブルになってしまうわけですが、株式市場には、もともとそうした傾向が存在しているということをケインズは説明しているのです。

実はケインズ自身も個人投資家として積極的に株式投資を行っており、今の金額に換算すると、何と数十億円もの利益を得ています。一時はかなり損をしたこともあったそうですから、こうした投資経験が彼の英知の元になっており、結果的に偉大な学問業績につながったものと考えられます。

この話は、他人のことを理解できなければ、ビジネスや投資でよい成果をあげることはできないと言い換えることができるでしょう。自分のことばかり考えている人が、仕事でうまくいかないのは、ある意味で当然のことです。

人は各論の知識におぼれてしまう

ケインズはこのほかにも、「正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい」という名言を残しています。世の中の仕組みや人々の心理について、大きな枠組みで理解できている人は、各論で小さな判断ミスをすることはあっても、全体的な方向性において致命的な間違いをすることはありません。

しかし、大きな枠組みを理解できず、各論の知識にばかり頼っている人は、全体の方向性というもっとも大事な部分において、致命的なミスをする可能性があります。知識偏重型の勉強をしている人にこのタイプが多いのですが、これは大変危険なことです。

数年ほど前、ネット通販のアマゾンが急成長し、株式市場でも成長銘柄として大きな話題となっていました。急成長企業には付きものですが、感情的な批判も多く寄せられ、「アマゾンの株価は高すぎて危険水準だ」「近い将来株価は100分の1になるだろう」といった意見がネットで飛び交っていました。

実際、筆者もアマゾンについて他人と議論したことがありますが、否定的な意見を持つ人が多かったように思います。そこで筆者はアマゾンについて否定的な意見を持つ人に、「今後、ネット通販は拡大すると思いますか、衰退すると思いますか」と聞くとほぼ全員が「拡大する」と答えました。

さらに、リアルな店舗を持つ百貨店やスーパーとアマゾンを比較して、「どちらの業態が今後成長すると思いますか」と聞くと、やはりアマゾンと答えます。つまり大きな枠組みではすでに答えは出ているのです。結果は説明するまでもなく、ネット通販市場は爆発的に拡大し、それに伴ってアマゾンの株価も急上昇しました。筆者が大きな利益を得たのは言うまでもありません。

今後、社会のIT化に伴ってネット通販ビジネスが急拡大するというのは、「大きな枠組み」の話です。一方、「アマゾンの株価は高すぎる」「アマゾンの急成長には歪(ゆが)みがある」という話は、「小さな枠組み」であり、各論ということになります。

下手に株式投資について知識があり、割高、割安といった各論におぼれてしまうと、これからはネット通販の時代になるという大きな流れが見えなくなってしまいます。ケインズが「正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい」と述べているのはこういうことです。

これは投資に限らず、あらゆる分野において共通の法則といってよいでしょう。細かい各論におぼれてしまう人には、決して、大きなお金はやってきません。

ライフ・マネー

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論