アポなし面接→入社 メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長が過ごした20代

アポなし面接→入社 メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長が過ごした20代

ビジネス

大学卒業後、設立されたばかりのメルセデス・ベンツ日本に入社。その後、ドイツ本社への異動、ダイムラー・クライスラー日本の取締役などを経て、メルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長を務める上野金太郎さん(56)。設立まもない日本法人で上野さんが担った仕事とは? bizble編集部が聞きました。

ビジネスの最前線で活躍するリーダーたちはどんな若手時代を過ごしたのか。さまざまな分野のリーダーに「若手時代をどう過ごしたか」「いま若手なら何をするか」を語ってもらうインタビュー企画です。

入社のきっかけはアポなし面接

上野金太郎さん=写真はいずれも植原みさと撮影(撮影時のみマスクを外しています)
上野金太郎さん=写真はいずれも植原みさと撮影(撮影時のみマスクを外しています)

――大学卒業後、新卒でメルセデス・ベンツ日本に入社されました。入社の経緯を教えてください。

就職活動をするにあたって、もともとはテレビや雑誌といったマスコミ業界を志望していましたが、ある日、たまたま就活先企業の隣のビルに、メルセデス・ベンツ日本の名前を見つけたんです。

小学校でアメリカンスクールに通っていたので語学力があったこと、そして車やレーシングカーが好きでずっと車関係の雑誌社でアルバイトをしていました。そういうこともあり、そのまま吸い込まれるようにメルセデス・ベンツ日本の受付に飛び込みで行きました。

ノーアポイントでしたね(笑)

メルセデス・ベンツ日本は1986年1月に日本法人ができたばかりで、私が就職活動を始めたのが同じ1986年8月。

なので、日本法人ができて7ヶ月ちょっとくらいの時期でした。当時はまだマーケティング調査会社のような感じで、卸売といった本業が本格的に始まったのは1987年に入ってからでした。

インタビューに答える上野金太郎さん(撮影時のみマスクを外しています)
インタビューに答える上野金太郎さん(撮影時のみマスクを外しています)

私が飛び込みで面接に行ったときはまだ下準備の時期。私の社員番号は「43」なのですが、入社したときにはすでに最初の10人くらいはやめてしまっていたり、ドイツに戻っていたりしていました。半分が外国人で、30人ほどの小所帯でした。

採用までの面接は2回でしたね。最初の飛び込みとその後の役員面談。そのわずか2回で内定をいただいて、それで就職活動を終えました。なので就職活動自体は、結果的に2週間ほどで終えることができました。そこで終えてよかったのかどうかはわからないですが、こうして現在まで続いているので、ポジティブによかったと思いたいですね。

 

――アポイントなしで面接を受けられるものなんですか。

今思えば無鉄砲ではありますよね。35年前当時の外資系企業らしく、シーンとした感じの大きな受付があって、そこに受付の方がいるという雰囲気でした。そこに行って、面接を受けたいと受付の人に伝えると、ものめずらしそうに人事の方が出てきて……。何にしにきたんだ、という感じの顔をされましたね(笑)

――そうですよね。

それで私は名乗った後に、「採用していただけないかと思ってきました」と伝えました。そうしたら、人事部長の部屋に通してもらえました。勝手な想像ですが、飛び込みで来るなんてどんな学生だ? と、面白がって会ってくれたのではないかなと思います。

名前の由来は「人に覚えてもらえる」から

――上野さんのお名前、金太郎の由来は何なんでしょうか?

金太郎という名前は父親が決めたんですが、由来は父親からではなく母親から聞きました。父親はどうしても男の子がほしくて、生まれてきたら絶対に金太郎にする、と。ほかの名前の選択肢はなかったそうです。

理由は「人に覚えてもらえる」の一辺倒でしたね。別に金太郎のように強く、ということでもなく、人に覚えてもらえるような名前を、と。そう言っていた父親ですが、私をなぜかアメリカンスクールに入れまして。

結局アメリカンスクールに入ると、金太郎という名前は逆に覚えづらいという状態でした(笑)

 

――その後、アポなしで受けた面接はどう進んだのでしょうか?

人事部長の部屋に通されて、30分ほど通常の面接のような形でお時間をもらいました。おそらくダメだろうなと思いながら帰ったんですが、帰った直後くらいに自宅に電話がかかってきて、「翌週に役員面談をするので来てほしい」と言われました。

2回目の面接は当時の副社長と人事担当の役員の2人。当時私が面接で言ったことは今でも覚えていて、

「メルセデス・ベンツの商品の魅力は日本ではまだまだ伝わっていないので、私が世の中をメルセデス・ベンツでいっぱいにしたいと思います」

というような趣旨のことを言いました。

その発言は自分にとっても十字架として、言ったことはきちんと守らないといけないと思いながら、輸入車の分野でメルセデス・ベンツを広げていくことを目標に進んできました。

当時22歳の無鉄砲な何もよくわかっていない状況だったから言えたことでもある一方で、そういうことができるのが20代のよいところかなとも思います。

仕事の基礎を知った営業部時代

――入社して最初に配属されたの部署はどちらだったのでしょうか。

営業業務部という部署でした。営業といっても裏方が多くて、車の輸入から発注、通関の手続きまで、車を発注してから、お客様に届けるまで全体を見通すような、業務的な側面が多かったですね。

そういった仕事を2年ほどやりました。ただそうすると、比較的会社全体の業務内容がわかるんですね。

現在は100人近くでやっている業務ですが、当時は3、4人でやっていました。そのなかで私が一番下っ端だったので、ありとあらゆることをやりましたね。今となっては、それが私にとっては非常によかったことだったんですが、当時は悩みでもありました。

営業部時代=上野さん提供
営業部時代=上野さん提供

ただ、当時の部長が、「上野は今いい仕事ができてるんだぞ」と。「いい仕事をしてる」ではなく「いい仕事ができている」と。

どういう意味かというと、こういう仕事をきちんとおさえていれば、将来いいことがあるということを伝えてくれていたんだと思います。会社の屋台骨は自分たちなんだということですね。

 

――20代にそうした会社全体を見渡すことができる部署での経験できたことは、その後のキャリアでも大きな影響がありましたか?

そうですね。会社の根幹でもあり、一番お客様と近い、販売店とも近いという意味で、「メルセデス・ベンツ日本は何をやって利益をあげているのか」がわかる部署だったと思います。

車の需要を予測して台数を決めて、営業状況を加味して、不良在庫をつくらない。先入れ・先出しで、入ってきたものを事前に販売店にお知らせして、それに基づいた販売手法を使っていただく。

こうした流れ、メルセデス・ベンツ日本でやっているすべてのことを一番最初に叩き込まれたことは非常によかったです。近年はビジネスイノベーションが必要と言われますが、ビジネスとしてやっていること自体、本質的な部分ではあまり変わっていないと思います。

会社に入って35年経ちますが、やはり今でも最も頭に残っていることは20代での基礎ですね。自分たちは何で利益を得るのか、どういう価値を提供するのか、という本質的な部分をたたき込まれました。

ドイツ赴任で学んだこととは?

――今振り返って、20、30代でチャレンジしたと思えることは何でしょうか?

入社して約3年経って、営業から広報に異動し、色々と楽しくやらせてもらっている20代最後の年に、急に「海外行ってもらうから」という辞令が出て、メルセデス・ベンツ本社があるドイツに行きました。

ドイツ赴任時代=上野さん提供
ドイツ赴任時代=上野さん提供

その異動が自分ではチャレンジだったと思います。30年近く前のドイツは今とは環境も違いますし、当然メールも携帯もありません。さらに私自身ドイツ語が話せない。

案の定、仕事上の会話はすべてドイツ語で、生活習慣も違いました。当時夜の遅い時間や土日は一切お店がやっていませんでした。開いているのはガソリンスタンドと飛行場だけ。

そんな環境で、日本的な考えで朝から晩まで働いていたら、食べ物が手に入らないんです。

だから、ドイツの生活システムに合わせないといけないんだということをまず学びましたね。環境の変化に対しての順応性を高める、という点について非常にチャレンジでした。

ドイツから帰国後、社長室アシスタント時代=上野さん提供
ドイツから帰国後、社長室アシスタント時代=上野さん提供

その後もドイツから帰ってきて、新規事業推進部に行ったり、顧客相談係をどうやってカスタマーリレーションシップマネジメントのような形にしてデータを分析するかだったり、まったく見当がつかない状態からゼロの状態から作り直す、という仕事に取り組みましたが、それもチャレンジだったと思います。

1 2

ビジネス

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

起業のトビラ