【7月29日】6年前、マイクロソフトが「Windows 10」の提供を開始

【7月29日】6年前、マイクロソフトが「Windows 10」の提供を開始

ビジネス

「実は10年前のきょう…」「きょうはこんな日なんですけど…」。取引先との雑談や、プレゼンの冒頭、社内の朝礼など、日々のビジネスシーンでのちょっとした会話のきっかけになる話題の“タネ”を紹介します。

6年前の2015年7月29日、アメリカのマイクロソフトが新しい基本ソフト(OS)「Windows 10」の提供を始めました。

最初のWindowsである「Windows 1.0」の提供が始まったのは1985年。その後1995年に「Windows 95」、2001年に家庭向けと法人向けのOSを統合した「Windows XP」などWindowsは進化を続けてきました。

「Windows 10S」を載せたサーフェスラップトップ=朝日新聞社
「Windows 10S」を載せたサーフェスラップトップ=朝日新聞社

当時の朝日新聞では、「Windows 10」の機能について、

 

パソコンやスマホなど、どの端末も同じ「10」に統一され、同じ操作ができるようになる。作成中の文書を複数の端末で作業したり、マイクロソフトのゲーム機「Xbox」用ゲームをパソコンやタブレットで楽しんだりもできる。

 

朝日新聞東京本社発行の2015年7月29日付朝刊

 と紹介しています。

また、そうした機能を搭載したねらいについて、

 

「2015年1~3月の世界販売シェアで、マイクロソフトのOSはパソコン向けで9割超あるが、スマホ向けは3%未満」

「スマホやタブレット向け市場で出遅れた危機感がある」

「めざすのは、収益源をソフトの販売収入から、ネットサービスの利用料に移すことだ」

 

と解説していました。

ウィンドウズ搭載のタブレット端末=朝日新聞社
ウィンドウズ搭載のタブレット端末=朝日新聞社

「Windows 10」の提供開始から約6年。

今年6月、マイクロソフトは「Windows 11」を新たに発表しました。

「11」では、これまで画面左下にあったスタートメニューのボタンが画面中央下に移るなど、画面上の表示が一新されるようです。また、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」向けのアプリをパソコン上で動かせるようになるなど、新しい機能も搭載されるそうです。

「Windows 11」が搭載された機器の一般向け発売は2021年内とされています。

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代