「働きたい環境がなければ、作ればいい」。1日100食限定「佰食屋」が生まれるまで

「働きたい環境がなければ、作ればいい」。1日100食限定「佰食屋」が生まれるまで

キャリア

1日100食限定の国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」を展開する株式会社minitts(京都市)。その代表取締役社長の中村朱美さん(36)は、約9年前に勤めていた学校法人の広報職を退職して起業しました。なぜ未経験の飲食店事業を始めたのか? これから起業を考える人に伝えたいこととは? bizble編集部が聞きました。

会社員や職員などの「組織」から独立し、20~30代で創業した起業家は、どんな思いで、何をめざして、会社をつくったのでしょうか。次代を担う起業家たちのメッセージを伝えます。

「みんなが幸せ」を目指して、「売上を、減らそう」に行きついた

中村さん提供
中村さん提供

――佰食屋はどういったコンセプトの飲食店なのでしょうか?

佰食屋は売上を増やすことを目指すのではなく、「100食売ること」がコンセプトです。飲食店、飲食業界に働きやすさというインセンティブを導入することを目的にしています。それを叶えるためにたった一つ「100食」という数字を定めることによって、すべてのバランスがうまくいくのではないかというコンセプトで、ビジネスモデルを作りました。

私たちはこれまで「従業員を大切にする」ということをフィーチャーしていただいています。もちろん従業員は大切ですが、従業員だけではなく、私たちとしては5つの人を大切にすることをコンセプトにしています。

まず1つ目がお客様。そして2つ目が従業員。そして3つ目は法人・企業も人としてみています。あと見過ごされがちだと思うのが、取引先の業者さんたち。そして最後の5つ目は、地域や環境という、すべての人たち。

その誰もが我慢をせず、誰もが嫌な思いをすることなく、「みんなが幸せ」という五方よしの循環ができることで、持続可能な働きやすさ、おいしい、そして環境にも優しいというお店ができるんじゃないかと考えています。

そのために私たちはその5つを守るために、何かを捨てないといけないのであれば、右肩上がりの売上、成長を捨ててもいいであろうという考え方でやっています。そんなお店です。

 

――2012年7月に起業されました。なぜ起業に至ったのか、その経緯を教えてください。

私はもともと京都教育大学に進学して、ずっと学校の先生になろうと思って勉強していました。その後、先生にはなりませんでしたが、専門学校の職員室で働く事務職員として、広報の仕事を5年半ほどしていました。

その仕事がすごく楽しくて、当時から自分で天職だと言うぐらい、働くのがとても好きでした。なので私自身は専門学校の広報という仕事の中で、幼い頃から夢見ていた先生になりたい、学校で働きたい、という気持ちは達成されていて、夢が叶ったという実感がありました。

オンラインインタビューに答える中村朱美さん
オンラインインタビューに答える中村朱美さん

ただ、長く働くにつれて、後輩や部下ができて、彼ら彼女らを早く帰すために自分が仕事を背負ったり、みんなが嫌だと思う仕事を引き受けていったりすると、どんどん自分が帰れなくなっていって、自分が望んでいた子供を産むことや、あるいは子供ができてもやりがいのある仕事を続けていくという未来が、なかなか先輩を見ていても、満足に叶えられそうにないなと、27歳くらいからモヤモヤ考えていました。

女性の割合が51~52%ほどの職場だったのですが、両立することがむずかしそうに見えてしまうということは入社当時から感じていました。

退職後、ほかに働きたいと思えるところがなかった。だから起業した

私が退職するきっかけになったのは、激務が続くことによる若干の体調不良と、そして結婚してからなかなか子供が授からないということによる不妊治療でした。不妊の原因が不明だということだったのですが、やはり激務によるストレスではないかということで、もし人生を長く見て考えたときに、仕事は楽しいけれども望んでいた子供が望めないんであれば、それは嫌だよねということで、体調不良をきっかけに退職を決意しました。

その後、有給休暇を消化しながら、本当に何もすることなく考えているときに、私の夢は一度叶ったから、転職をすると言っても、次どうしようかなと明確な目標もなく、ほかに働きたいと思えるところがありませんでした。

ただ、夫がいつか飲食店やりたいと言っていましたし、不妊治療をしている中でまだ子供も望めない状況でした。なので、子供が生まれたら飲食店は始められないから、生まれる前に、2人だけの間にリスクのあることをやってみませんかということで夫を誘いました。「自分が働きたいと思える環境がないんやったら、自分で作ったらいいんじゃない?」という感じですね。

京都市右京区西院にある国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」=中村さん提供
京都市右京区西院にある国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」=中村さん提供

どうしても子供が生まれてしまうと、子供が大きくなったらという言い訳を作ってしまうと考えました。

その言い訳ができないフットワークの軽い大人2人だけであれば、何かあったときにリスクをとるのは自分たちだけ。何かあったとき、私は教員免許があって、夫は車の免許があるから、すぐにタクシーの運転手とか、私は塾の講師をすれば日銭は稼げて、何とか食べていけるだろうというリスクヘッジもできると考えました。

だからこそ「ちょっといつかやってみたいな」と言っているときの心のモヤモヤは、今のうちに1年でもやってみて、もしだめだったとしても「あかんかったね」と笑って過ごした方が、いつまで経っても夢を追いかけ続けるよりも気持ちがいいんじゃないかと思って、思い切って私が勝手に会社を作りました(笑)。そのときまだ夫はサラリーマンでしたが、夫には「はよ辞めや」と言い続けてどんどん準備を進めました。

夫が会社をやめてくれたのはお店がオープンする10日前でした(笑)。そんな感じで私主導で起業を進めました。

退職したときに夢もなくなって、やる気もなくなって、何かに打ち込みたかったので、まさにそれが私のモチベーションでした。「人の夢を叶える」というモチベーションが起爆剤となって、突き進めたのかなと思います。

起業のエネルギーは夫が作った「ステーキ丼」

――退職して何もやる気が起きなかったということですが、その状態から「起業しよう」というエネルギーが生まれた思いについて改めて教えてください。

私が起業に夢中になれたきっかけは、夫が作ってくれた晩御飯のメニュー、佰食屋で出しているステーキ丼です。夫が作ってくれたステーキ丼があまりに美味しくて、それを多くの人に食べてほしいと思って、広報時代もお友達や上司を家に招いて夫に作ってもらったことがあります。

それくらいそのステーキ丼が好きで、人に食べてほしいという思いが形にできるのであれば、人々を幸せにできるよねと思っていました。だから、そのステーキ丼というメニューが私を動かしてくれたかなと思います。

私自身、広報や営業の仕事をしていましたが、広報、営業は「これを売ってきなさい」と言われたものを必ずしも売れると思っていません。一方で自分が心から大好きなものだとめちゃくちゃ売りやすいんですよね。

私にとって、本当に売りやすいものがステーキ丼でした。「こんなおいしいもの、人に食べてもらえへんなんてありえへん」ということで、根っからの広報・営業マン気質の私からすると、これを世に広めようという確信、決心をしてからはめちゃくちゃ楽しいです。絶対私はこれを売ってやるんだという感じでした。

佰食屋の「国産牛ステーキ丼」。価格は1080円(税込)=中村さん提供
佰食屋の「国産牛ステーキ丼」。価格は1080円(税込)=中村さん提供

――起業される前にお勤めだった学校法人で広報の仕事をされていたということですが、具体的にはどういった業務内容だったのでしょうか?

京都にある専門学校の総合職として入社しました。

広報の仕事は、大きく分けると私の場合は3つに分かれていて、1つ目が学校のオープンキャンパスの運営です。広報の仕事がメインで、学生さんや保護者の方に説明する仕事をしていました。もう1つが高校の中で開催される、いわゆる進路説明会のときに、専門学校の代表としてお話をしに行く。それが体育館に色々なブースが出ているイメージですね。なので、できるだけ色々な高校に出展するという感じで、東では東京の専門学校が人気なので、西日本全域に出張していました。

3つ目は、私が印刷物の担当だったので、学校のパンフレットとそれに連動したホームページの制作といった広報媒体の制作を担当していました。週に2~3日は出張に行きながら、印刷物を並行してやりつつ、週末はオープンキャンパスという感じでなかなかハードでした。

 

――学校の広報担当として、学校の魅力をどう伝えるか、という視点を大事にされていたと思います。そこで培った能力は起業後にはどのように役に立っていますか?

ホームページ制作やソーシャルメディアでの発信の仕方もそうですし、色々な方に説明する場面などでとても役に立っています。学校の説明では、学費や教育内容を保護者の方という緊張するような対象の人にわかりやすく説明をしないといけませんでした。なので、広報で培った能力は現在でも生きていますね。

起業して気づいたこと「責任は大きいが、理不尽なことはない」

――職員として働くことと起業して代表として働くことの違いは色々あると思いますが、特に感じている大きな違いは何でしょうか?

圧倒的に違うことは、自分でやると理不尽なことがないということですね。

組織人はやはりみなさん理不尽なことに悩まされると思うんですよ。上司から訳わからない資料を作ってと言われたり、経営者の人の顔色を伺うためだけの会議資料を作ったりとか、出張でも仕事ができるようになってくると、結構つらい出張ばっかり当てられたりとか。

ほかの人と給料は一緒なのに、「なんで私ばっかりこんなんさせられんの」みたいなモヤモヤや理不尽は、組織にいたら必ずみなさんもご経験されると思います。

もちろん組織でやっていくからには、そこをぐっとこらえて頑張っていかないといけないことは理解しつつも、でもみんなそんなに我慢しきれないから飲み会で愚痴になっちゃうと思うんですよね(笑)。

一方で自分で会社をすると、何かあったときの責任、金銭的な責任も含めて、全部自分が背負わないといけないという責任の大きさはありますが、何をやっても理不尽なことはないですよね。すべて自分が決めたこと、自分のルール、自分が失敗したら自分に返ってくるだけのことです。あのときの私、ダメだったなと思うぐらいで、誰かにむかついたりすることはない。

専門学校の広報職時代の中村朱美さん=中村さん提供
専門学校の広報職時代の中村朱美さん=中村さん提供

自分ががんばったら、その分自分に返ってくるという、すべては自分の意思によるものなので、人からの理不尽な気持ちによるイライラやモヤモヤはなくなりました。もちろん、例えば収入が続くのか、この会社を継続させていけるのかという将来に対する漠然な不安や心配がなくなることはないですが、私は理不尽よりも将来不安の方がストレスは少ないかなと思っています。

ただストレスの感じ方は人によって違うと思います。自分で自由に責任をもってやることが向いている人もいれば、自分でお金を全部責任取ることはもう怖くて眠れないという人もいると思います。私の場合、自由に自分の責任で、という方が良かったということかなと思います。

1 2

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代