自分たちの力で村の暮らしを豊かに 元外交官・原ゆかりがアフリカで貫き通した「一本道」

自分たちの力で村の暮らしを豊かに 元外交官・原ゆかりがアフリカで貫き通した「一本道」

キャリア

インターン中に出会ったアフリカの村と人びとへの深い愛着のあまり、その出会いが人生を変えるきっかけになりました。ガーナに設立したNGOの共同代表を務めながら、アフリカと日本との架け橋となる会社を設立してCEOになった原ゆかりさん(34)。苦労してつかんだ外交官としての歩みを止め、転職先の大手総合商社も退職して起業し、自分の力で道を切り開こうと決断ができたのはなぜなのか。これまで挑戦してきたことや職業観について聞きました。

変化の大きな時代に生きる私たちの働き方はより柔軟になりつつあります。あなたは、どう働く? そのヒントとなりうる、新たな分野に“転身”して活躍する方々のいまを伝える企画です。

原点は妹と見たフィリピンのゴミの山の少女

百貨店の特設会場でアフリカ発の商品をアピールする原ゆかりさん=東京都新宿区
百貨店の特設会場でアフリカ発の商品をアピールする原ゆかりさん=東京都新宿区

――まずはじめに、いま手がけていることを教えてください。

西アフリカのガーナにある人口2000人ほどのボナイリ村という集落に拠点を置くNGO「MY DREAM.org(マイドリーム)」の共同代表を務めています。外務省在職中の2012年に設立したので来年で10年になります。学校やクリニックなど村の暮らしに役立つ施設を整備し、現金収入を得るための布製品づくりなど村発のビジネスをサポートすることに取り組んでいます。

スカイヤーが扱うアフリカ発の商品を販売する百貨店の特設会場=東京都新宿区
スカイヤーが扱うアフリカ発の商品を販売する百貨店の特設会場=東京都新宿区

もう一つはSKYAH(スカイヤー)という会社を起業し、CEOを務めています。「Proudly from Africa(プラウドリー・フロム・アフリカ)」というプラットフォームをつくり、品質の良いアフリカ発のこだわり製品を輸入・販売したり、日本企業のアフリカ事業をサポートするコンサルティングを手がけたりするのが仕事です。「プラウドリー・フロム・アフリカ」では、ガーナだけではなく、南アフリカやエスワティニ、ナイジェリアなど6カ国の17ブランドを手がけています。近く、ルワンダのブランドも加わります。

スカイヤーが輸入しているガーナのシアバターと創業者のガーナ人起業家の女性=原さん提供
スカイヤーが輸入しているガーナのシアバターと創業者のガーナ人起業家の女性=原さん提供

――原さんが海外とかかわりたいと考えた原体験を教えてください。

まだ中学生のときのことです。NHKのドキュメンタリー番組で、フィリピンのゴミの山の中で暮らす少女の姿が映し出されているのを見ました。「かわいそうだな」で終わりがちですが、そのときは8歳年下の妹も一緒に見ていました。テレビ画面の少女と妹が同じ年恰好だと思うと、急にフィリピンの少女のことが自分事に思えて、あんな幼い子が自分の食いぶちを自分で考えなくてはいけない現実はイヤだなと思いました。妹にそんな思いをさせない世の中づくりにかかわれる大人になりたいと、子どもながらに感じました。

グローバルな課題にかかわれる仕事を手がけるために、まず英語をしっかり勉強しようと考えました。愛媛県今治市の地元では、両親が中3の時から英会話スクールに通わせてくれました。

個人塾でしたが、TOEFLを意識し、中学生からTIME誌を英語で読みました。わからなくても読む努力をして、記事について考えを述べたりディベートをしたり。限られた語彙を駆使し、考えを言葉にする訓練を重ねました。与えられたテーマについて自分の意見を持ち、ものごとを批判的に見たり反対意見の立場も考えたりする力を育ててもらいました。この経験が、自分にとって物事を考える土台になっています。

 

アメリカ留学中に触れたガーナ・ボナイリ村のぬくもり

ボナイリ村の女性たちとくつろぐ原ゆかりさん=本人提供
ボナイリ村の女性たちとくつろぐ原ゆかりさん=本人提供

――実際の職業では、まず外交官の道を選びました。これはどうしてですか。

東京外国語大学に入学しました。大学では専攻の勉強以上に模擬国連の活動に力を入れました。常に念頭にあったのは、フィリピンの少女です。小さな子どもがゴミ山で暮らさざるを得ない現実に対し、どんな立場で何をすれば課題を解決できるか、ずっと考えていました。ニューヨークで開かれた国際大会にも参加し、国連、金融機関などの企業、JICA、大使館など、いろんな立場の方から話を伺いました。

でも、そんな中で感じるようになったことは、同じ組織のなかでミッションを共有しているはずの人たちが、実は現場側の人と本部側の人とで意見がかみ合っておらず、共感しあえていない現実でした。その溝を埋める役回りの大切さに気づき、いろんな立場で経験を積み上げたいと考えました。

だから、まだぼんやりとですが、学生時代に選んだ最初の仕事が職業選択のゴールとは考えていませんでした。外務省は日本にとって国際関係を担う「本部」にあたると考え、時間に融通の利く学生のうちに国家公務員のI種試験に挑戦しようと決めました。

 

――アメリカの大学院に留学しているときにガーナと出会ったのですね。

外務省の最初の2年間は、国連関係の政策を担う部署でした。3年目にコロンビア大学の大学院に留学する機会をいただきました。パブリックヘルス(公衆衛生学)の専攻で、半年間のアメリカ以外でのインターンが修了の必須条件になっているカリキュラムでした。ガーナにあるNGOやユニセフで研修させてもらうことになり、そのNGOが私を派遣してくれたのがボナイリ村でした。

初めて村を訪れたのは2012年6月です。首都アクラから飛行機に乗って1時間、空港から車で45分ほどかかる人口2000人ほどの集落です。トウモロコシや麦、トマトなどが豊富にとれ、ほとんどの人が農業に従事しています。農作業が落ち着いている時期には村の外に出稼ぎに出たりシアバターを作って販売したりして現金を得ていました。

インターンでは村の人たちの保健・衛生上の課題を調査するためにヒアリングをするのがミッションでした。現地の暮らしのなかからソーシャルビジネスにつながる取り組みを模索することも目的でした。

日々の暮らしのなかでは私は全くの役立たずで、ただ世話になる一方でした。薪(まき)で火をおこせないし、重さ10キロの水を頭の上に載せて運ぶこともできない。せめて生活費を支払わせてくれとお願いしたら、お前はもう家族だと言って受け取ってくれない。目の前にいる、こんな気持ちの温かい人たちに何か恩返しができないかなと感じたことが、村の人たちと一緒にマイドリームを立ち上げようと思ったきっかけでした。

 

――マイドリームでは何を手がけたのですか。

マイドリームの活動内容のイメージ=原さん提供
マイドリームの活動内容のイメージ=原さん提供

まず村のみんなと話し合い、当時、彼らが最も必要としていた幼稚園をつくりました。このときは日本やアメリカの友人、知人たちに寄付をお願いしました。大人が幼い子どもたちの面倒を見ていると農作業や家事がはかどらなかったという課題を解決できるうえ、小さな子どもが年間を通して安心して通い学べる場づくりができるベネフィットがありました。

ただ、寄付頼みでは持続可能性は担保できないし、私がいなくなったら支援者との接点もなくなって続けることができない。村の人からも疑問の声が上がり、モノづくりをして付加価値を生み出し、それをバリューチェーンにのせて収益につなげる仕組みをみんなで考えていこうと決めました。

ボナイリ村の子どもたちと触れ合う原ゆかりさん=本人提供(©Yoshiharu Sugino)
ボナイリ村の子どもたちと触れ合う原ゆかりさん=本人提供(©Yoshiharu Sugino)

マイドリーム創設が2012年。2022年までの10年間を目標に寄付から卒業する活動をやっていこうと考えました。村は農業が盛んと言っても、例えば、当時の稲作はタネをばらまいた後は神頼み。専門家の方々に相談して技術指導をしてもらったり、コットン製品をつくる工房を立ち上げたり。村発のビジネスを通じて得た収益で中学校とクリニックを設立することもできるようになりました。

小学校を卒業すると、自転車を買ってもらえるか寄宿舎の費用を出してもらえる経済力のある家庭の子どもしか中学校に通えなかったので、徒歩で通える中学校ができると、教育を続けて受けられるようになり英語を話せる子どもが増えてきました。クリニックには行政から派遣された知識や経験が豊富な看護師や助産師がいます。予防や治療ができるマラリアなどの病気で亡くなる子どもを減らすことにつながりました。

 

職場復帰後も履き続けた「二足のわらじ」

ボナイリ村を訪問した原ゆかりさん=本人提供
ボナイリ村を訪問した原ゆかりさん=本人提供

――インターンは半年だったのに、縁は続きますね。

外務省の人事課から在外勤務の希望を聞かれた際、迷わずガーナと答えました。かなえてもらえたので、マイドリームを続けることができました。ただ、マイドリームの活動は、あくまでボランティア。「本業」とは完全に切り離し、日本政府のお金は一切入れていません。大使館の業務にしてしまったら、内外から公私混同と思われてしまうと考えました。マイドリームから私がマージンを受け取ることもありません。

大使館員としてジャパンウィークを開催したり、現地に剣道教室を立ち上げたりする広報文化担当としての本業をしっかりこなし、シエラレオネやリベリアなど日本の大使館がない近隣国への出張業務も担当でした。週末を使い、月に1回くらい村に戻るという「二足のわらじ」を履き、マイドリームの運営は村の人に委ねていくことを意識しました。

本業をおろそかにしたり、おろそかだと同僚に思わせてしまったら、その段階でマイドリームは続けられないと自分に言い聞かせてきました。私自身の生活も本業で支えられています。幸い、どの仕事も真剣に打ち込めることばかりで、両立することができました。

 

――なぜ外務省を辞めたのでしょうか。外交官としてキャリアを切り開くことだって可能だったはずです。

もともと官僚志向が強かったわけではなく、キャリア志向はありません。

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代