【おすすめ本紹介】筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」

【おすすめ本紹介】筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」

オフタイム

本の要約サービス「flier(フライヤー)」とbizbleがコラボ。日々の生活が豊かになるような、ビジネスパーソンにおすすめの本を紹介します。

レビュー

世の中が複雑化するにしたがい、問題解決力の重要性はますます増してきている。あらゆる現場で、誰もが日々それぞれの問題と格闘している。だが何を考えればいいかわからず、思考停止してしまう場面も多いのではないだろうか。そんなときの救世主となるのが本書である。

著者はマッキンゼーやリクルート等を経て、いまは株式会社ビジネス・ブレークスルーの問題解決力講座の責任者を務めており、法人研修やBBT大学の講師としても登壇している。だが当初は、問題解決に苦手意識があったという。そんな著者だからこそ、現場のニーズに即した、本当に使える「新しい問題解決の教科書」を書けたのだろう。

何か問題を解決しようとするとき、私たちはまず情報収集をしようとする。インターネットを使えば、世界中のあらゆる情報の収集が可能だ。だがその量は膨大であり、情報の海で途方に暮れるのがオチである。そうならないためにはどうすればいいのか。

本書では問題解決に必要なものとして、「問題解決マップ」と「7つの武器」が示されている。RPGにおいては「地図」と「武器」がかならずあるものだが、現実も同様だ。地図がなければ、いまいる位置も進むべき方向もわからない。そして武器を有効に使えば、より良い結果が得られる。

正しい地図と武器が手に入れば、きっとハッピーエンディングにたどり着ける。ぜひ本書とともに、問題解決の旅に出かけよう。

要点

ビジネスリーダーが注力すべきは、仮説検証型の問題解決である。その要となるのが「筋の良い仮説力」だ。

問題解決をするうえでは、現状理解(WHERE)、本質的課題発見(WHY)、解決策立案(HOW)という順に取り組んでいくことが求められる。

重要なのは「事業部長の視点」を持つことだ。事業全体を俯瞰して知り得た情報から、原因としてもっともありえそうな仮の答えを設定していくこと、それが筋の良い仮説力となる。

 

著者

高松康平 (たかまつ こうへい)
株式会社ビジネス・ブレークスルー執行役員。問題解決力トレーニングプログラム講座責任者。ビジネス・ブレークスルー大学専任講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在は「考える力」を中心に様々な教育プログラムを提供するビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツ開発室長を務め、年間5000名以上が受講する「BBT問題解決力トレーニング」の講座責任者でもある。自らも法人研修講師として年間約100日登壇している。2019年7月からは毎日1題10分考えるオンラインサービス「BBTルーティン」を提供中。

出版社

朝日新聞出版

オフタイム

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代