【7月5日】71年前、後楽園球場でプロ野球初のナイター

【7月5日】71年前、後楽園球場でプロ野球初のナイター

ビジネス

「実は10年前のきょう…」「きょうはこんな日なんですけど…」。取引先との雑談や、プレゼンの冒頭、社内の朝礼など、日々のビジネスシーンでのちょっとした会話のきっかけになる話題の“タネ”を紹介します。

71年前の1950年7月5日、東京・後楽園球場でプロ野球の公式戦、パ・リーグの毎日対大映の試合が夜間に行われました。

プロ野球で初のナイター(ナイトゲーム)でした。

プロ野球初のナイターの様子を伝える1950年7月6日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)
プロ野球初のナイターの様子を伝える1950年7月6日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)

《ウチワも用なし プロ野球 初の夜間試合》

翌日の朝日新聞朝刊は、そんな見出しで初のナイターを伝えました。

「ナイター」は和製英語で、この試合の新聞記事ではまだ使われていません。

当時は「夜間試合」と呼ばれていました。

 

神宮球場のナイター=1962年6月、東京都新宿区、朝日新聞社
神宮球場のナイター=1962年6月、東京都新宿区、朝日新聞社

セ・リーグでは初めてのナイターは、同じ年の7月11日に後楽園球場で行われました。

西日本対広島、巨人対松竹の変則ダブルヘッダーでした。

戦後、国民的スポーツへと発展を遂げたプロ野球。

セントラルとパシフィックの2リーグ制になり、スター選手も相次いで誕生しました。

そんな人気を背景に、平日でも観客が集まりやすいナイターが主流になっていきました。

 

ナイター照明が点灯された阪神甲子園球場=2009年、朝日新聞社
ナイター照明が点灯された阪神甲子園球場=2009年、朝日新聞社

近年は、平日はナイターを開催し、土日や祝日は日中のデーゲームにする球団が多いようです。

ただ屋外球場では、暑い夏は土日の試合でもナイターにしたり、全国の球場を移動する選手たちの負担を考えてナイターかデーゲームかを決めたりするケースもあるようです。 

ビジネス

リモート時代の仕事とキャリア

リーダーの若手時代

FIRE論