「自分なんて大したことない」。思い知らされた30代。サンリオエンタ小巻社長を支えた“原動力”とは?

「自分なんて大したことない」。思い知らされた30代。サンリオエンタ小巻社長を支えた“原動力”とは?

ビジネス

大学卒業後、「みんな仲良く」という会社理念に魅かれ、サンリオに入社。その後結婚、出産、子育てなどを経て、現在はサンリオエンターテイメント代表取締役社長・サンリオピューロランド館長を務める小巻亜矢さん(61)。サンリオ退社後の職場復帰を支えた“原動力”は何だったのでしょうか。bizble編集部が聞きました。

ビジネスの最前線で活躍するリーダーたちはどんな若手時代を過ごしたのか。さまざまな分野のリーダーに「若手時代をどう過ごしたか」「いま若手なら何をするか」を語ってもらうインタビュー企画です。

ギフト売り場で感じたキャラクターの力

インタビューに答える小巻亜矢さん(撮影時のみマスクを外しています)=写真はいずれも植原みさと撮影
インタビューに答える小巻亜矢さん(撮影時のみマスクを外しています)=写真はいずれも植原みさと撮影

――若手時代に経験して、現在の社長としての業務に生きていることは何でしょうか?

20~30代のころはいい意味でなんとかなると思っていました。20~30代当時はキャリアプランという言葉もまだ馴染みがない時代でしたし、今後のキャリアのようなことは考えたことがなかったですね。

就職は1番入りたかったサンリオに入ることができて、そこでまず有頂天になっていました(笑)

ただ若い頃に経験してよかったことでいえば、25歳で結婚して、アメリカのサンフランシスコで生活をしたことで、色々な価値観のある人に出会えたことだと思います。

キャラクターの魅力を考えるときに、なぜキャラクターが介在すると海外の人とのコミュニケーションがスムーズなんだろうとか、色々な場面で生きていると思います。

――サンリオに入社した動機は何だったのでしょうか?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代