「サッカーもビジネスも一緒だ」。元日本代表・鈴木啓太が見つけた仕事のパフォーマンスを上げる方法

「サッカーもビジネスも一緒だ」。元日本代表・鈴木啓太が見つけた仕事のパフォーマンスを上げる方法

キャリア

18歳で浦和レッズ入団、25歳で日本代表に選出。プロのサッカー選手として16年間プレーした鈴木啓太さん(39)はいま、アスリートの腸内細菌を研究するスタートアップ企業の社長を務めています。フィールドをサッカーからビジネスに変えた鈴木さんに、決断にいたった思いや、新たな道を切り開くヒントを聞きました。

変化の大きな時代に生きる私たちの働き方はより柔軟になりつつあります。あなたは、どう働く? そのヒントとなりうる、新たな分野に“転身”して活躍する方々のいまを伝える企画です。

スポーツ産業を発展させたい。だから、「外」に出てビジネスをする

――2015年のシーズンを最後に34歳で引退。その直前にアスリートの腸内を研究する会社「AuB」(オーブ)を立ち上げました。引退を決意したのは、ビジネスの世界へ飛び込むという思いが強かったからなのでしょうか?
もちろん、子どもの頃からの夢はサッカー選手として活躍することでした。ですが、僕がプロの世界に入った頃は、「サッカーは長くやっても35歳」と言われていました。

だから、「必ずどこかで引退がある」ということはイメージはしていました。「次のキャリア」も当然意識はしていて、現役時代から、いろんな人と話をしながら自分の道を探していました。

そんなとき、所属していた浦和レッズの収益が、2006年~2008年ごろで年80億円弱だった、と知ったんです。

それを聞いて、僕は「そんなもんなんだ」と思ったんです。僕の知り合いが年50億円くらいの収益を上げている会社をやっていました。

でも、僕の知り合いの会社は、業界の中では知られているかもしれませんが、浦和レッズに比べると及びません。浦和レッズって、国民の10人に1人くらいの方には知って頂いているんじゃないかなと思うんですけど、そうすると全体で1000万人くらいにリーチできるバリューがある。でも、「それで80億円なのか」と思ったんです。

インタビューに応じる鈴木啓太さん=東京都中央区、竹下由佳撮影(十分な距離をとって撮影しています)
インタビューに応じる鈴木啓太さん=東京都中央区、竹下由佳撮影(十分な距離をとって撮影しています)

当時、僕は日本プロサッカー選手会の副会長をやっていたのですが、俗にいう「セカンドキャリア」が大きな問題でした。不安に思う選手たちもいるし、社会的な問題になる可能性も秘めていました。

サッカー選手の生涯賃金はどれくらいかというと、平均の現役期間は6~7年間で、当時のJ1の平均年俸が1500万円でした。なので、生涯賃金は9000万円ほど。でも、税金を払って生活すると、ほとんど残らないんですよ。

ずっとサッカーばかりやってきて、20歳でプロになって、26歳でいきなり社会に出されても、何もないわけです。周りに比べ、遅れをとっているんです。

そして、当時トップランナーだった浦和レッズの収益が80億円。これを“3桁”にすること、スポーツ産業をもっと発展させること、サッカー界の環境を変えていくこと――これらをしなければいけないと思いました。

クラブの一員になることや監督になる道もあります。そこからサッカー界を盛り上げていくことはもちろんできるんですけど、それよりも大事なことは、もっとパイを広げていくことだと思ったんです。だからこそ、自分は外に出て、ビジネスをしたい、もっと社会を知りたいと思いました。

別に僕は「社長になりたい」という思いがあったわけではなくて、スポーツ界、サッカー界の課題や選手の次のキャリアの課題、ファン・サポーターの課題。そういったものを考えた結果、「これは必要だ」と思って、いまのビジネスを始めたというだけなんです。

――ビジネスをやりたいから引退する、というわけではなかった?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代