【おすすめ本紹介】楽しくなければ成果は出ない

【おすすめ本紹介】楽しくなければ成果は出ない

オフタイム

本の要約サービス「flier(フライヤー)」とbizbleがコラボ。日々の生活が豊かになるような、ビジネスパーソンにおすすめの本を紹介します。

レビュー

「大きくなったら何になりたい?」と聞かれ、「野球選手」「お花やさん」「電車の運転手」などと無邪気に答えていた子供時代。大人たちの仕事は、どれもとても楽しそうに見えた。しかし、実際に大人になってみて、どうだろう。心から仕事を楽しめている人は、いったいどのくらいいるだろうか。所詮仕事だ、楽しいわけがないという人もいるのではないだろうか。そんな冷めた大人たちに、「どんな仕事にも楽しめる要素はある! 楽しまなければ成果は出ない!」と背中を押してくれるのが本書だ。

著者は、総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の黎明期にアルバイトとして入社した。その後正社員となり、会社の急成長を支え、1万人の部下をマネジメントしてきたという。現在は、コーチングのスキルを生かし、企業のコンサルティングや研修業務などで活躍している。そんな著者が見出した「成果を出す人の共通点」とは何なのか? 本書では、仕事を楽しいモードにする方法、最強のメンタルを手に入れる方法が余すことなく紹介されている。

「仕事が楽しくない」と感じるなら、あなたがまずすべきことは、転職ではない。そしてプライベートの充実でもない。自分が何にワクワクするかを知り、それを仕事に生かすことだ。私たちは1日の時間の3分の1か、あるいはそれ以上を仕事に捧げている。著者から「仕事を120%楽しむ方法」を学んで実践すれば、人生がますます楽しくなるはずだ。

要点

仕事で成果を出す人、伸びる人には共通点がある。それは仕事を本気で楽しめているかどうかだ。そして、どんな仕事にも楽しめる要素を見出すことができる。

仕事を楽しむ秘訣は、自分のワクワク感度を高めることだ。脱ルーティンやリラックスして働ける環境づくりによって、ワクワク感度を高められる。

常に前向きに受け止められる「ミラクルマインド」になるための条件は、自分を大事にできている、相手のことを考える余裕がある、人に喜ばれることをいつも考えているという3つだ。

著者

田中マイミ(たなか まいみ)
エグゼクティブコーチ・経営コンサルタント
株式会社フューチャービジョン・ラボ代表取締役
京都市出身。3歳の頃からピアノを習い始め、音楽と歌が大好きな幼少期を送る。高校在学中に、大阪で行われた第1回ヤマハシンガーオーディションにて延べ700名の中から優勝。高校卒業後、上京し、ヤマハネム音楽院に入学後、19歳でボーカリストとしてメジャーデビューした後、シンガーソングライターとして活動し、全3枚のシングルを出す。
そのほか、バックコーラスでは、谷村新司、森山良子、鈴木聖美など。作曲家として、ビートたけし、稲垣潤一、川島なお美、ピンク・レディー増田惠子、他多数。現在も楽曲は制作中。生活の安定のために音楽との両立でアルバイトを始めたのがドン・キホーテの1号店。販促スキルが創業社長の目にとまり、正社員のオファーを受け1995年7月に入社。担当部署に配属されると、オンリーワンのお店作りを発案。ド派手なPOPと販促ディスプレイを行った結果、既存店の数値改善や人財育成が評価され、2年でマネージャーに昇格。創業社長から店内ソングの依頼があり、「ミラクルショッピング」の作詞作曲歌も担当。その後、新店舗立ち上げ、マーチャンダイジング、商品本部の組織作りも行い、営業部長に昇格。当時年間800億の売上部署で延べ1万人の人財育成を行いながら、実質的NO.3で20年以上幹部として活躍。心理学やNLPを学び、本格的なプロコーチの資格を取得。その後、子会社の代表取締役社長を経験したのち起業。株式会社フューチャービジョン・ラボを設立し、コーチング技術を使った企業へのコンサルティング、エグゼクティブコーチ、企業研修やセミナー、講演会などを行っている。

出版社

すばる舎

オフタイム

リアルな宇宙ビジネスの話をしよう

わたしのジョブチェンジ

行動経済学でみてみよう