【5月3日】5年前、最後の「築地市場まつり」が開かれる

【5月3日】5年前、最後の「築地市場まつり」が開かれる

ビジネス

「実は10年前のきょう…」「きょうはこんな日なんですけど…」。取引先との雑談や、プレゼンの冒頭、社内の朝礼など、日々のビジネスシーンでのちょっとした会話のきっかけになる話題の“タネ”を紹介します。

5年前の2016年5月3日、東京都中央区の築地市場で、豊洲市場に移転する前の最後の「築地市場まつり」が開かれました。 

当時の朝日新聞では、「まつり有終、ありがとう築地」との見出しとともに、このように伝えています。 

 

11月に豊洲市場(東京都江東区)に移転する築地市場(東京都中央区)で3日、最後となる「築地市場まつり」が開かれた。15万人(主催者発表)が訪れ、全国の産地から届いたカキやホタテなどを味わった。 

 築地市場協会の伊藤裕康会長(81)は「たくさん集まってもらえて感無量。寂しさはあるが、築地への感謝と、これでひとつの区切りだという思いがわいた」。

 

2016年5月4日付朝日新聞朝刊(東京本社版)

 

2016年5月4日付朝日新聞朝刊(東京本社版)
2016年5月4日付朝日新聞朝刊(東京本社版)

築地市場から豊洲市場への移転をめぐっては、この「築地市場まつり」が開かれた後の2016年7月に行われた東京都知事選で、移転の一時凍結を掲げた小池百合子氏が当選。8月には「移転延期」を正式に表明しました。追加の汚染対策工事などを経て、予定より約2年遅れた2018年10月、移転が実行されました。 

一般利用客が訪れている豊洲市場=2018年10月13日、朝日新聞社
一般利用客が訪れている豊洲市場=2018年10月13日、朝日新聞社

築地市場の跡地は今後、どう活用されるのか。東京都は2019年、国際会議場・展示場などを中核に整備する計画を公表し、民間に土地を貸し出す形で事業を進めていく方針を示しています。「都心の一等地」と言われる築地。今後どんな姿になるのか、東京の未来を示すものになるのではないでしょうか。 

ビジネス

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

新・若者進化論