【セーラー万年筆】大人の階段、さあ上ろう 日本の万年筆のすごい技

【セーラー万年筆】大人の階段、さあ上ろう 日本の万年筆のすごい技

ビジネス

デジタルの時代、字を書くのは苦手という人もいるだろう。そんな人におすすめしたいのが万年筆。クセのある文字も、万年筆なら味わいになる。ビジネスシーンでさりげなく使いこなせば、階段を一歩上がった気分だ。10年以上使い続けるなら、使い捨てのボールペンを捨て続けるより経済的かも。今回は、“国内最古”とされる万年筆メーカーの物語――。

多くの人に長年愛されるヒット商品を取り上げる「ロングセラーの秘伝」。第6回は、セーラー万年筆です。

友人にもらった万年筆、言い表せないときめき

セーラー万年筆。

今年でちょうど創業110周年を迎えた。

その歴史は、創業者の阪田久五郎(きゅうごろう)と万年筆との出合いから始まった。

「セーラー万年筆」創業者の阪田久五郎=写真はいずれも同社提供
「セーラー万年筆」創業者の阪田久五郎=写真はいずれも同社提供

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代