大企業で感じた「つまらなさ」。エンジニア×YouTuberが教える仕事を楽しくする方法

大企業で感じた「つまらなさ」。エンジニア×YouTuberが教える仕事を楽しくする方法

キャリア

平日は大手企業のIT部門でAIエンジニアとして働きながら、“TOMOKIN”として19.7万人のチャンネル登録者を持つYouTuberとしても活躍する友金良太さん(32)。新卒で入った企業で10年目を迎えた友金さんに、大きな組織で働きながら“モヤモヤ”を感じる同世代に向けて、自分らしく働くヒントを聞きました。

bizbleでは、若手ビジネスパーソンのみなさんが仕事で日々感じている「#若手のモヤモヤ」について、これから一緒に考えていきたいと思っています。「どうすれば仕事が楽しくなる?」「所属する組織で、明日からできること」を考えます。

「現役エンジニアがフィッシング詐欺に遭うとこうなります」
「架空請求業者に英語とビートボックスで対応したら大草原不可避www」
「日本人が知らずに教わっている実は間違った英語」

友金さんが「TOMOKIN」としてYouTubeに開設しているチャンネルでは、得意のヒューマンビートボックスや英語、エンジニアの知識を盛り込んだ動画が並んでいる。チャンネル登録者数は19.7万人(16日現在)で、「YouTubeだけでも生活はできるくらいの収益はあります」という。

関西学院大学法学部を卒業後、2012年に大手企業に就職。IT部門に配属となり、エンジニアとして働き始めた。入社3年目ごろからYouTubeでの配信をはじめ、以来、エンジニアとYouTuberのパラレルワーカーとして働いている。

会社を辞めず、両立させることで、結果としてどちらの仕事にもメリットがあったという、友金さん流の働き方とは?

平日はエンジニア。「つまらなさ」とちょっとした興味からはじめたYouTube

――友金さんは大手企業にお勤めなんですね
はい。平日はAIエンジニアとして普通に働いています。早朝や夜、週末などにYouTubeの動画の撮影をしています。

――YouTubeをはじめたきっかけは?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代