【おすすめ本紹介】リモートワークの達人

【おすすめ本紹介】リモートワークの達人

オフタイム

本の要約サービス「flier(フライヤー)」とbizbleがコラボ。日々の生活が豊かになるような、ビジネスパーソンにおすすめの本を紹介します。

レビュー

新型コロナウイルスの影響でリモートワークになった人は多いのではないだろうか。突然の働き方の変化に戸惑っている人もいれば、「どうやってリモートワーク体制をうまく回そうか」と悩んでいる経営者もいるだろう。本書はそんな、リモートワークという働き方に課題を抱えている人におすすめの一冊だ。

本書の著者は、IT業界で非常に有名なプロジェクト管理ツール「ベースキャンプ」を運営している企業の創業者と共同経営者だ。同社は、1999年の創業以来20年にわたってリモートワークで経営されてきた。そしてベースキャンプは、世界中に数百万人ものユーザーがおり、業績は好調だ。

本書には、リモートワークで大きな成果を上げてきた経営者だからこそ語れるリモートワークのヒントが詰まっている。リモートワークのメリットはもちろん、リモートワークの落とし穴や、さらにはリモートワークを円滑に行うための人材採用術にまで言及している。リモートワークだとテキストでのやり取りがメインとなるため、ちょっとした言葉のあやで空気が悪くなりかねない。そのため、人柄に注目して社員を採用すべきだというアドバイスは、リアリティに溢れていた。

リモートワークは今後、日本でも浸透する可能性が高い。実践的なノウハウが詰まった本書を読んで、来るリモートワークの流れに乗ろう。

 

要点

クリエイティブな仕事に集中したい人にとって、昼間の会社は最悪だ。会社は邪魔に満ちている。

リモートワークに対する誤解に、相手の作業内容が見えないというものがある。しかし現在、離れた場所にいる人どうしのコラボレーションを助けてくれるツールは多数ある。慣れると同じ部屋にいる感覚で作業ができる。

リモートワークでは良質なコミュニケーションが不可欠だ。トラブルを防ぐには、前向きな人や、人の気持ちを思いやり、雰囲気を盛り上げてくれるタイプの人が必要だ。


著者

ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,高橋璃子 (訳)

ジェイソン・フリード(Jason Fried)
世界適に著名なソフトウェア開発会社「ベースキャンプ」(2014年に「37シグナルズ」から社名変更)の創業者・CEO。同社は1999年の創業以来20年にわたりリモートワークで業績を上げ続け、プロジェクト管理ツール「ベースキャンプ」は世界中で数百万のユーザーに愛用されている。ハンソンとの共著に本書のほか、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーとなり日本でもITエンジニア大賞(ビジネス部門)を受賞した『小さなチーム、大きな仕事』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)、『NO HARD WORK!』(早川書房)、Getting Realがある。

デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson)
ベースキャンプ共同経営者。オープンソースのウェブ開発フレームワーク「Ruby on Rails」の開発者。Ruby on RailsはTwitter、クックパッド、Hulu、Airbnbなど100万を超えるウェブ・アプリケーションに使用されている。


出版社

早川書房

オフタイム

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代