日米首脳会談の「影の立役者」、首相通訳とは? 外交の鍵を握る「マネジャー」の裏側を聞いた

日米首脳会談の「影の立役者」、首相通訳とは? 外交の鍵を握る「マネジャー」の裏側を聞いた

ビジネス

アメリカを訪問している菅義偉首相は4月16日(日本時間17日)、バイデン大統領と会談しました。この首脳会談の場で、橋渡し役となるのが「首相通訳」です。首相の考えや思いを的確に相手に伝えなければならない、この「影の立役者」はどんな役割を担っているのか。元外交官で、アラビア語の首相通訳を務めた三菱総合研究所主席研究員の中川浩一氏に聞きました。

単なる「翻訳」ではない。首相の“分身”であるべき通訳

――当然首相の発言を正確に伝えることが重要だと思いますが、首脳会談の場で首相通訳はどのような働きをしているのでしょうか

単に首相の発した言葉を翻訳する、というわけでは決してありません。

そうであれば、やがて人間としての通訳は不要になり、AIに淘汰されるでしょう。それでは、なぜ通訳を優秀な外交官が務めるのかというと、今回であれば日米首脳会談で話される政策の中身を完全に理解しなければならないからです。この政策の中身のことを、外交用語で「サブスタンス」と言います。

元首相通訳の中川浩一・三菱総研主席研究員=竹下由佳撮影
元首相通訳の中川浩一・三菱総研主席研究員=竹下由佳撮影

その上で、菅首相が話した日本語を、単なる翻訳ではなく、自分の言葉として、もっとも適切な単語や表現でバイデン大統領に伝えていく。つまり、首相通訳は、首相の「分身」でなければいけないのです。

一語一句を丁寧に訳す場合もあるのですが、首相が何を思って発言しているのか、意図をくみ取り、その思いに沿った言葉を選ぶ必要があります。

両者の会話が友好的なムードであれば、通訳もその場に合った言葉で訳します。緊迫した場面では、通訳の声のトーンも変わります。まさに、その会談を仕切る事実上の「マネジャー」なのですが、決して「でしゃばる」という意味ではありません。

たとえば、首脳会談の冒頭にはメディアの取材や写真撮影があります。そのような場面には通訳は映りこまないようにしますが、会談が始まるとさっと入って通訳をし、取材をされている方にも聞こえるよう意図的に大きな声で話すなど、気配りや機転も必要です。

首相通訳になるには「勝ち残り方式」。レベルごとの会談で評価される

――「優秀な外交官が務める」とのことでしたが、外交官の中でも首相通訳はどうやって選ばれるのですか?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代