【きのこの山 たけのこの里】国民的お菓子の永遠のライバル で、どっちが人気?

【きのこの山 たけのこの里】国民的お菓子の永遠のライバル で、どっちが人気?

ビジネス

世の中にはさまざまなライバル関係が存在するが、お菓子の世界で有名なライバルと言えば、「きのこ対たけのこ」。「きのこの山」と「たけのこの里」だ。一口サイズのかわいらしい形、チョコレートと焼き菓子の絶妙な組み合わせ。ほのぼのとしたネーミングとは対照的に、「どっちが好き?」をめぐる論争はファンの間で長年繰り返されてきた。

多くの人に長年愛されるヒット商品を取り上げる「ロングセラーの秘伝」。第3回は、明治のチョコレート菓子「きのこの山」「たけのこの里」です。

チョコとクラッカーの組み合わせ、商品化まで5年

今から半世紀ほど前。
菓子メーカーの明治が1969年に発売した円錐(えんすい)形のチョコレート「アポロ」は、売れ行きがいま一つだった。
アポロの製造設備を有効活用して、別のお菓子をつくれないか――。
社内では、そんな検討が進められていた。

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

ビジネス

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代