TBSアナウンサーを辞め、絵本作家に。「安定」を手放した伊東楓の選択

TBSアナウンサーを辞め、絵本作家に。「安定」を手放した伊東楓の選択

キャリア

アナウンサーとして5年間勤めたTBSを2021年2月末に退社し、絵本作家を目指してドイツに移住することを決意した伊東楓さん(27)。3月には自身初の絵詩集「唯一の月」を出版しました。「小学6年生の頃から憧れだった」というアナウンサーを辞め、絵本作家を目指すという決断にいたった伊東さんの思いやキャリアについての考え方を聞きました。

変化の大きな時代に生きる私たちの働き方はより柔軟になりつつあります。あなたは、どう働く? そのヒントとなりうる、新たな分野に“転身”して活躍する方々のいまを伝える企画です。

大きなものを手に入れるために、手放す。だから、「安定」を捨てた

――2021年1月にTBS退社をラジオ番組で公表しましたが、いつ転身を決意したのですか?
「よし、辞めよう!」と決意したのは、ちょうど1年前ごろでした。でも3年前くらいから、「自分はアナウンサーのキャリアだけで終わらないのかな」という思いはありました。そのときは絵本作家や絵詩集の出版なんて、まだ何も見えていなかったのですが。

2020年2月ごろ、慕っている中居正広さんと坂上忍さんと共演していたバラエティ番組2本が終わることになりました。大切にしていた番組から離れることになり、「これは自分の人生をしっかり考えるタイミングが来たな」と思いました。

良くも悪くも会社員なので、ある番組が終わったら、また新しい番組をやって…という繰り返しなんです。そこに抵抗感はありました。「ここにいて、これ以上のことがあるんだろうか?」と思うほど、バラエティ番組もラジオ番組も全力で取り組んできましたし、「やりきった」という思いもありました。

取材に応じる伊東楓さん=東京都文京区、竹下由佳撮影
取材に応じる伊東楓さん=東京都文京区、竹下由佳撮影

――組織にいると安心感もあるし、組織にいるからできることもあると思いますが、そこを飛び出せた理由は?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

わたしのジョブチェンジ

ロングセラーの秘伝

リーダーの若手時代