関根りさが語るキャリア論。看護師からYouTuberになった、「死ぬまで満足しない」働き方とは?

関根りさが語るキャリア論。看護師からYouTuberになった、「死ぬまで満足しない」働き方とは?

キャリア

看護師として病院に勤務していた2012年2月、自身のYouTubeチャンネルを開設した関根りささん(32)。看護師とYouTuberの二足のわらじを履きながら、メイクアップ動画などを配信し続け、2018年から専業YouTuberに。看護師から、チャンネル登録者数141万人を超える人気YouTuberに“転身”した関根さんが持ち続けたのは、「死ぬまで満足しない」という思いでした。

変化の大きな時代に生きる私たちの働き方はより柔軟になりつつあります。あなたは、どう働く? そのヒントとなりうる、新たな分野に“転身”して活躍する方々のいまを伝える企画です。

家と職場の往復だった日々。「生きてる意味ある?」

――YouTubeを始めたきっかけは?

当時は社会人2年目でした。看護師の仕事がとても大変で、本当に家と職場の往復だけの日々でした。「これって本当に生きている意味あるのかな?」と感じて、「何か新しいことを始めよう」と思っていたとき、出会ったのがYouTubeでした。

当時はミュージックビデオを見るくらいでしたが、「関連動画」としてたまたま個人が投稿した動画を見つけ、「個人でも上げられるんだ」と気付いたのがきっかけでした。

当時のYouTubeは、いまほど大きなプラットフォームではなかったので、気負えず始められたのだと思います。

――2016年、YouTubeのキャンペーン「好きなことで、生きていく」に選ばれ、2018年にはチャンネル登録者が100万人を超えました。これだけの人をひきつける理由はどういうところにあると思いますか?

この続きは会員登録をすると
お読みいただけます。

会員登録(無料)
ログインする

キャリア

働くあなたへ シネマサプリ

「コンビニ限界説」に挑む

起業のトビラ